Category : BeagleBone Black


7インチ タッチディスプレイのご使用に関して

7インチ タッチディスプレイで下記対象製品のサポートデバイス、及びOSは以下の通りとなります。   対象製品 Raspberry Pi用 7inch タッチスクリーンLCD (C) [TSI-PI020-070C] 7″HDMIディスプレイ&ケースセット 使用可能デバイス&OS Device Driver OS Raspberry Pi 2 Mod […]


2.2 スイッチでLチカ

  2.2 スイッチでLチカ SWを使って、Lチカをしてみよう。押すと、点灯。放すと,消灯。という回路を作ります。 (1) BBBの電源を切ります。 (2) 以下の実体配線図2.3bと回路図2.3sを見て回路を組立てましょう。 (3) BBBの電源を入れしょう。 (4) スイッチを押し、LEDが点いた場合は2.3へ進みます。 点かない場合は電源を切り、配線が合っている […]


2.1 Lチカ

  2.1 Lチカ Lチカの回路を作り、電気が流れるか確認してみましょう。 (1) まず、BBBの電源を切ります。 (2) 続いて、以下の実体配線図2.2b、回路図2.2sのように回路を組み立てましょう。 (3) BBBの電源を入れます。 (4) LEDが点けば2.3へ進みます。点かない場合、もう一度回路を見直しましょう。 違うところを直し、(3)に戻ります。


1.1 ドライバをインストールしてみよう!

  1.1 ドライバをインストールしてみよう! まず最初に、BBBをパソコンに接続します。 さて、ここではパソコン上にBeagleBone Black Rev.Cのドライバをインストールしていきます。 Getting Startedの開始 (1)「BeagleBone Black」のフォルダがコンピュータ上に表示されるので、「BeagleBone Getting St […]


チュートリアルの内容=BBB電子工作エントリーキット=

本ページでは、BeagleBone Black 電子工作エントリーキットをお買い上げ頂いたお客様向けに、 ご利用方法のサンプルとして、チュートリアルを掲載させて頂いております。 現在こちらの商品のお取扱いはMBD Shopとなります。 http://www.mbd-shop.jp/product/188 チュートリアルの内容   1. BeagleBone Black […]


1.3 BeagleBone Blackの電源のオフ

  1.3 BeagleBone Blackの電源のオフ (1) 「power」スィッチを1秒程度押して下さい。 * 必ず「power」スィッチを使用して下さい。 * 動作中にUSBケーブルを外す。またはDC5V(ACアダプタ)を外さないで下さい。 * 動作中に電源がオフになると、BeagleBone Blackが壊れることがあります。 (2) 「POWER LED」 […]


1.2「Cloud9-IDE」を動かす

  1.2「Cloud9-IDE」を動かす (1) ブラウザで「http://192.168.2:3000」を開いて下さい。 *開くときは「Chrome」、「Firefox」を使って下さい。 (2) 「Cloud9-IDE」が表示されます。 * プログラミングの準備が出来ました。 (3) 「Cloud9-IDE」の終了は「X」をクリックして下さい。


BeagleBone Black - セットアップ -

BeagleBone Black - セットアップ - 最新版の BeagleBone Black には Angstrom Linux がフラッシュメモリ内に既にインストールされています。お買い求めになられたボードにディスプレイ、USBマウス・キーボードを接続すれば、ただちに Linux PC のようにお使い頂けることができます。ただし、ディスプレイなしで利用されたい方は以下を […]


BeagleBone Black – ネットワークにつなげる –

BeagleBone Black – ネットワークにつなげる – LANケーブルをパソコンに接続するだけでインターネットができる環境がある場合、それをBeagleBone Black につなぐことでBeagleBone Black でもただちにインターネット接続ができます。LANケーブルを接続しボードの電源を入れてからしばらくするとルータがボードをクライ […]


BeagleBone Black – Android を起動させる –

  BeagleBone Black は,  推奨OS である Angstrom のほかに Ubuntu や Android OS に対応しています.  これら OS は,  micro SD カードにイメージを書き込んでブートさせることで起動させることができます。本格的に開発を考えている場合には,  Linux (Ubuntu OS) が入った母艦PC を用意して, […]

beagleboard_org_logo