Category : Dobot


吸引カップ(Suction Cup)の吸引力が弱い

いくつかの原因が考えられます。以下の項目をご確認ください。 1.ポンプのチューブが途中で折れ曲がっている。 >>折れている部分を解消してください。 2.エフェクターのチューブ取り付け部分がゆるい。 >>しっかりと挿入されていることを確認して下さい。 3.吸引する物体の重さが重過ぎる。 >>通常、吸引できる限界はおよそ200g程度です。軽いもので吸引ができるか確認して下さい。 4 […]


DobotMagicianに接続できない。

いくつかの可能性がありますので、以下を確認して下さい。 1.   “Please connect to the Dobot first!”というメッセージが表示される場合、USBケーブルがDobotMagicianに接続されいることを確認してください。また、最新のファームウェアがダウンロードされていることを確認して下さい。ダウンロードできない場合は、ユーザーマニュアルのファーム […]


3Dプリント用のヘッダが加熱されない。

いくつかの原因が考えられます。 I  ファームウェアが3Dプリント用に設定されていない。 >>ファームウェアを3Dプリンティング用に変更してください。変更はDobotStudioの右上にあるSettingボタンをクリックし、表示されるDobotFMの画面から、Firmwareをクリックし、3D Printingを選択して、右下のConfirmボタンでダウンロードしま […]


3Dプリントしているときに、射出されたフィラメントが基板に定着しない。

以下の対策をお試しください。 I  基板の表面はある程度粗いものを選んで下さい。同梱されているガラス板に紙テープを貼り付けると、定着し易くなります。このとき紙テープは重なり合わないよう気をつけて貼り付け、表面の水平を保ってください。   II  上記の方法でも定着しない場合、貼り付けた紙テープにカッターなどで表面に軽く傷をつけて見てください。   III   […]


フィラメントが3Dプリンティングのヘッダから出てこない。

いくつかの原因が考えられます。典型的な原因は以下の通りです。 I  3Dプリント用のステッパーモータにフィラメントが正しく挿入されていない。 >> フィラメントが、ステッパーモータにフィードする方向に正しく挿入されていることを確認します。 II フィラメントが曲がってしまい、ステッパーモータ部分でスタックしている。 >>一度フィラメントを除去し、曲がって […]


DOBOT Magicainとは

    話題のロボットアーム DOBOT Magicianは、3Dプリント、レーザー彫刻、グリッパー、バキュームなど様々なアームアタッチメントのオプションが利用できるオールインワンの高精度ロボットアームです。 DOBOT Magician概要については、下記のサイトで紹介しています。           &n […]

Robot Arm

Teach & Playbackとは何ですか?

Teach & Playbackとは、ロボットアームの位置を記憶させ(複数の位置を記憶させることが可能)、これを再生させることです。 Teachとは、Dobot Magicianの現在のXYZ座標をレコードし、レコードした一点一点をたどるシーケンスを形成します。 Playbackとは、ユーザによってデザインされた動作の再現のことを示します。  


Dobot Magicianのパッケージには何が含まれますか?

ベーシックバージョンのパッケージには、ロボットアーム、吸引カップ、グリッパ、ドローイング&ライティング、3Dプリンティングが含まれます。 さらに教育バージョンでは、レーザーキット(レーザ彫刻&グレー彫刻)、WIFIモジュール、スティックコントローラキット、Bluetoothモジュールが含まれます。  


Dobot Magicianのエンドエフェクタにはどんなものがありますか?

Dobot Magicianのエンドエフェクタには、吸引カップ、ペンホルダ、レーザ、グリッパ、3Dプリンティングが用意されています。 エンドエフェクタの取り替えることで、吸引、ドローイング&ライティング、レーザ彫刻、グレー彫刻、ピックアップ、3Dプリンティングの機能を利用できます。