LattePandaの電源をいれよう!


LattePandaの電源をいれよう!

LattePandaの電源は、microUSBポート、もしくはCN2 Header Pinより入力します。

注)使用前に電源アダプターとUSBケーブルが接続されている事を確かめます。電流供給が十分でないと起動できないことがあります。
電源アダプターは、ボード本体には付属されていません。ストアーより別途お買い求めください。
A power adapter will not be bundled with the board, but you may get one from our online store or any electronics retailer.

こちらの電源セットがお勧めです!

MicroUSB

LattePandaには最低2.0Aの電流を供給できるUSBアダプターが必要です。

電源アダプターとmicroUSBケーブルの準備が整ったら、以下の手順に従って進めます。

1.USB電源アダプターにUSBケーブルを接続し、続けてmicroUSBをLattePandaのmicroUSBポートへ接続します。
(microUSBポートは、SDカードソケットの隣にあります。)

7インチ タッチ・ディスプレイをご使用の場合、デバイスの電源をONにする前にディスプレイを接続して下さい。

power_port

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.電源が供給されると、ボード裏側の赤色LEDが点灯します。これは、LattePandaが初期化を行っている事を示しています。LEDが消えるまで数秒間待ちます。

注)システム動作中に電源を切らないでください。(もし赤色LEDが点灯していれば、それはシステムが起動していることを示しています。)


  1. 赤色LEDが消灯したら、電源ボタンを1秒間押します。すると、LattePandaは起動し、再びLEDが点灯します。

CN2 Header Pins

CN2 Header Pinsを使用する場合は、アダプターを作る必要があります。

こちらの画像をご参考ください。

2017 10 27 14 54 Office Lens

 

 

 

PINOUT

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です