BeagleBone Black – ネットワークにつなげる –


BeagleBone Black – ネットワークにつなげる –

LANケーブルをパソコンに接続するだけでインターネットができる環境がある場合、それをBeagleBone Black につなぐことでBeagleBone Black でもただちにインターネット接続ができます。LANケーブルを接続しボードの電源を入れてからしばらくするとルータがボードをクライアントして認識します。

ディスプレイ出力ができる場合

電源をいれOSの起動後、ブラウザをたちあげていただくとすぐにWEBページが閲覧できる状態になっています。

 

ディスプレイがない環境の場合

1. ボードとルータを LANケーブルで接続し、さらに  セットアップ(Angstrom編)を参照し、パソコンとの仮想ネットワーク接続をおこないます。

2. 上のようにターミナルソフトにコンソールが出てきたら、「ifconfig」と入力します。

するとこのようにローカルネットワークや Ether-Card に関する情報が出てきます。ここでいま知りたいことは ルータからボードに割り振られた「ローカルIP アドレス」 (IP address) です。上の画像の例(画像をクリックすると拡大できます) では、IPアドレスは「10.14.1.49」 となっています。eth0  の  inet addr という項目にあるのが IP アドレスです。このように  「10….」や  「192.168…」で始まる IPアドレスは 「ローカルIPアドレス」とよばれます。
さて、このルータがボードに割り振ったIPアドレスを使ってパソコンからボードにアクセスしてみましょう。方法は「セットアップ(Angstrom編)」と同じなので参照してください。

同様にアクセスできることが確認できました。ローカルエリアネットワークが構築されていれば、このような方法でボードにアクセスできます。

(補足)ローカルとインターネットにおけるそれぞれのIPアドレス

「ローカル」とは、たとえば家や会社内のネットワークです。そのローカルネットワークにおけるクライアントの識別子がローカルIPアドレスです。これは主 にルータが自動的に振る(DHCP)場合と、自分で任意の番号を決めて固定させる場合があります。セットアップ(Angstrom編)  において、IPアドレスが「192.168.7.2 」だった理由は、仮想ネットワーク接続するためのドライバソフトが、「仮想ネットワーク」上のボードのIPアドレスを「192.168.7.2 」と振るように決めて(固定)していたからです。ちなみにクライアントとは、その端末自身のことではありません。端末自身(Ethernet Card ) の識別子は MAC アドレスとよばれ、これは製造出荷時に決められている固有の番号です。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です