RaspberryPi日本語入力 fcitx-mozcを入れる

あらかじめ国別・キーボード設定などを行います。

menu>Preference>Raspberry Pi Configurationと選びます。

  • Localization>
  • Locale: Set Locale:>language>ja(japanese)
  • Country >JP(Japan)
  • Character Set> UTF-8
    -> OK を押す

キーボードの選択をあやまると、キーと打刻される文字が不一致になってしまいます。

英語キーボードを使っている場合は次のようにします。

  • Keyboard: Set Keyboard:
  • Country: United States
  • Variant: English(US)

日本語キーボードを使っている場合は次のようにします。

  • Country: Japan
  • Variant: Japanese

ここでキーボードのためし打ちができるので、Type here to test your keyboardの欄に たとえば *, =, ~, |, _, “, @ など、不一致になりやすい文字を打って確かめます。

keySettei

日本語入力 fcitx-mozc のインストール

ここではオープンソースのMOZCをインストールします。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fcitx-mozc
インストール途中で実行してよいか聞かれますので y (yes)で答えて下さい。

mozcの使い方

mozc がインストールされると、ツールバー右上に小さなキーボードアイコンが現れます。

MozcIcon
また、メニューに
システムツール>Fcitx  および 設定>Fcitx、Mozcの設定、入力メソッド
が現れます。

mozc2

mozcの起動

キーボードアイコンをマウスクリックするか、CTRL+スペースキーを押すと、mozc かな変換が起動します。キーボードアイコンは「あ」に変わります。

mozcIcon2

<終わり>

 

Raspbian OSインストール済みSDカードについて

Raspbian OSプレインストール済みのマイクロSDカードを使っているにも関わらずRaspberry Piが起動しないといった場合、主な原因としては、電源容量不足か、マイクロSDカードのデータが壊れてしまったことが考えられます。

特に、電源が不安定な状況下でRaspberry Piを起動した場合には、起動途中に電源容量が足りずに瞬断状態となる危険性があります。

そのときにマイクロSDに書き込みを行っていれば、OSの起動に必要なファイルまでも消えてしまう可能性がありますのでご注意ください。

瞬断により格納データが失われる問題は、一般に売られている民生品向けのマイクロSDカードでは通常発生しうる問題です。

OS起動後にシャットダウン操作せずに電源を切った場合なども同様の危険性があります。

もし、OSの起動に必要なファイルが消えてしまった場合には、OSを再インストールするしか復旧方法はありません。

このような問題を防ぐには、十分な容量の電源を使い、電源を落とす前にきちんとシャットダウン操作を実施することが重要です。

もし万が一瞬断が発生してしまったとき、その影響を最小限にしたい場合には、瞬断対策のなされている産業用のマイクロSDカードを導入することもご検討ください。