TinkerBoardでRemoteDesktop(VNC)を使う

1.TinkerOSにTightVncServerをインストールし、起動する

LXTerminalから次のコマンドでインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install tightvncserver

インストールが終了したら、次のコマンドでTightVncserverを立ち上げます。
$ tightvncserver

vncserver1

初回起動はpasswordを要求されます。この例では”linaro”と2回入力しました。(パスワードはタイプしても見えません)。Viewerでは入力もしますので view-only password(y/n)?で n と入力します。

2.TinkerBoardのIP Addressを調べる

Tinker OS Desktopのツールバーのネットワークアイコンを右クリックし、Connection Informationを選び、IPv4のところを見ます。この例ではIP Addressは192.168.1.78になっています。このアドレスを後ほど使用します。

network

または LxTerminalから
$ sudo ifconfig
とコマンドを打ち込み、次のように有線LANならば eth0の、無線LANならば wlan0のinetアドレスを調べて下さい。

ifconfig

3.WindowsにTightVncViewerをインストールする

TightVncViewerのDownload PageからWindows用をインストールします。(64bit, 32bitを環境に合わせて選んで下さい。)URLは以下のとおりです。
https://www.tightvnc.com/download.php

tightVNC

WindowsにインストールするのはViewerだけですので、Serverは非選択にします。

setupViewer

4.TightVncViewerを立ち上げる

tightVncIcon

スタートメニューからインストールしたTightVncViewを立ち上げますと、IP Adressを設定する画面になるので、先ほどの2.のIP Addressを設定しConnectボタンを押します。次にPassword : linaro(VncServerで設定したもの)を入力しOKボタンを押します。

vncAddress

password

5.Tinker Desktopの表示

これでPCのWindows Desktop上にTinkerOSのDesktopが表示されます。

tinkerDesktop

<終>

Tinker BoardのGPIOには、どのくらいの電流が流せますか?

Tinker BoardのGPIOのドライブ能力がどれくらいあるかは、Tinker OSからレポートを取ることができます。 “Tinker BoardのGPIOには、どのくらいの電流が流せますか?”の続きを読む

Tinker Boardにホスト名を指定してssh接続する方法

例えば、Windows PCからTeratermを使ってTinker Boardに接続する際、Tinker Boardのアドレス割り当てがDNSの場合には、毎回IPアドレスを確認して打ち込む必要があり、わずらわしいです。

“Tinker Boardにホスト名を指定してssh接続する方法”の続きを読む

apt-getでパッケージがインストールできない

sudo apt-get install XXX

でパッケージをインストールしようとしたときに、

E: Unable to locate package XXX

のエラーが出てインストールできない場合は、 “apt-getでパッケージがインストールできない”の続きを読む

Tinker Boardの技適認証について

Tinker BoardにはWifiとBluetoothの機能を持つモジュールが実装されています。

現在実装されているのは、AW-NB177NFというモジュールで、表面には、下記の認証番号が記載されています。 “Tinker Boardの技適認証について”の続きを読む

Tinker BoardのGUI画面を90度回転した表示にしたい

Tinker OSでは、/etc/X11/xorg.conf.d/20-modesetting.conf  を編集することでGUIの解像度や回転などの設定ができます。

以降に具体的な手順をまとめます。 “Tinker BoardのGUI画面を90度回転した表示にしたい”の続きを読む