電源が入らない

五個の確認が必要です。

① 電源ケーブルが5V2.5A製品であるか
② mSDカードは入っているか
③ OSは正しい手順でインストールされているか
④ mSDとRPiの相性は問題ないか
⑤ 出力機材があるならそれにチューニングされているか

五個の確認が必要です。

① 電源ケーブルが5V2.5A製品であるか

電圧不足または電圧降下により不安定、起動しないなどの不具合が発生することがあります。一般的なlightningケーブルなど細いケーブルでは電圧降下により上記不具合が発生する可能性があります。弊社のRPi専用電源をご利用ください。

② mSDカードは入っているか

mSDカードをセットしない場合二つあるランプが両方とも点灯します。

③ OSは正しい手順でインストールされているか

windowsPCでは直接mSDまたはSDカードを接続して内部データにアクセスすることは出来ません。プログラム言語が異なるためです。専用のフリーソフトが存在しますのでそちらをご利用ください。(Win32DiskImagerなど)

④ mSDとRPiの相性は問題ないか

RPiとmSDには相性が存在します。詳しくはwikiなどでご確認ください。

⑤ 出力機材があるならそれにチューニングされているか

正しく起動しているかどうかをモニタなど出力機材で確認している場合、モニタにチューニングされていないOSでは正しく映らない可能性があります。詳しくはモニタ製造元にご確認ください。また、弊社では専用のTFTモニタを販売しております。ご不安な方はこちらをお求めください。

この五点がクリアされている場合、ボードに問題がある可能性がありますので弊社にお問い合わせしていただき、返品交換対応などさせていただきます。

キーワード Raspberry pi 電源

最終更新日 2016/0825