2.2Raspberry Pi 基本設定


内容に一部古い情報が含まれております。近日更新予定です。

Raspberry Pi 基本設定 

Raspberry Pi B+を動かして、フィジカルコンピューティングを始める前に、Raspbianに必要最小限の設定をします。

(1)準備

①raspi-configの起動

下の画面の様に「sudo raspi-config」コマンドを入れます。
raspi_code_2.2_1 (1)

②メニュー画面の表示

下の画面の様に「メニュー」が表示されます。

raspi_code_2.2_2

(2)ファイルの拡張

マイクロSDのRaspbianの使っているサイズを最大にします。

①選択

「Expand Filesystem」が選択されている状態で「enter」キーを押します。
すぐに、下の画面が表示されます。

raspi_code_2.2_3

②実行

「enter」キーを押します。

しばらくして、下の画面の様に「メニュー」に戻ります

raspi_code_2.2_4

(3)SPIの自動取り込み設定

ADCのIC(MCP3008)を動かすためのSPIモジュールを「Raspbian」を立ち上げたときに自動で取り込むように設定します。

①選択

「tab」キーを「Advanced Options」が選択されるまで、繰り返して押してください。
「Advanced Options」が選択されたらenter」キーを押して下さい。

raspi_code_2.2_5

②実行

「enter」キーを押します。
しばらくして、下の画面の様に変わります。

raspi_code_2.2_6

  • ③選択「tab」キーを「SPI」が選択されるまで、繰り返して押してください。

「SPI」が選択されたらenter」キーを押して下さい。

raspi_code_2.2_7

 

④実行

しばらくして、下の画面のに変わります。
「enter」キーを押します。

raspi_code_2.2_8

⑤実行

しばらくして、下の画面のに変わります。
「enter」キーを押します。

raspi_code_2.2_9

 

(4)設定の終了

①選択

「tab」キーを「Enable Boot Desktop/Scratch」が選択されるまで、繰り返して押してください。

選択されたらenter」キーを押して下さい。

raspi_code_2.2_10

②表示

「Chose boot option」メニューが表示されます。

raspi_code_2.2_11

③選択

「tab」キーを「DesktopLoginasuser’pi’atthegrahicaldesktop」が選択されるまで、繰り返して押してください。

選択されたら「enter」キーを押して下さい。

raspi_code_2.2_12

④終了以下の画面が表示されたら、enter」キーを押して下さい。

raspi_code_2.2_13

⑤「SetupOptions」メニュー画面の表示

下の画面の様に「メニュー」が表示されます。表示されたら、次の「(5)設定の終了」に進んで下さい。

raspi_code_2.2_14

(5)終了の設定

①選択

「space」キーを「」が選択されるまで、繰り返して押してください。

raspi_code_2.2_15

②実行

raspi_code_2.2_16

③電源を切る

Raspbianのコマンド待ち画面になります。「sudo shutdown-h now」コマンドを入力します。
下の画面の様に「」メッセージが出て、20から30秒程度で「ステータスLED」が点滅を止めて、消えた状態になります。

raspi_code_2.2_17

④停止状態

下の画面の様に「」メッセージが出て、20から30秒程度で「ステータスLED」が点滅を止めて、消えた状態になります。
この状態になつたら、ACアダプタをマイクロUSBコネクタから抜いて下さい。
* 「PWR LED(赤)」は点いています。

raspi_code_2.2_18

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です