Tinker Board S は、起動が速いのか?


Tinker Board S は、現行モデルTinker Boardの性能はそのままに、16GbyteのeMMCを搭載しているのが特徴です。

microSDから起動したのに比べ、eMMCにOSをインストールすると、起動時間は速くなるでしょうか?

実際に試してみました。

1. 比較条件

比較するボードは、TInker Board と Tinker Board S です。

Tinker Board はmicroSDカードから起動する時間を測定し、Tinker Board S はeMMCから起動する時間を測定することにします。

OSは、TinkerOS Debianと、TinkerOS Androidの両方で試してみます。

・TinkerOS Android v13.12.0.43

 (20171115-tinker-board-android-marshmallow-userdebug-v13.12.0.43.img)

・TinkerOS Debian v2.0.4

 (20171115-tinker-board-linaro-stretch-alip-v2.0.4.img)

 

使用するmicroSDカードは、弊社謹製のPhysical Computing Labブランドの16Gbyte(Class10)です。

microSD

ACアダプターの電源SWをONにしてから、各OSのGUI画面が表示されるまでの時間を測ってみました。

スライド1    スライド2

 

 

OSインストール直後は、容量に合わせて使用領域を拡張する処理が入るため、起動に時間がかかります。

そこで、初回起動の時間と、2回目以降の起動時間の両方を調べました。

 

2. 実行結果

TinkerOS Androidの起動時間は約1/2になり、TinkerOS Debianの起動時間は20~30%短縮という結果です。

起動時間結果2

 

嬉しい結果ですね。

 

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


Tinker Board Sをいち早く体験したい方はこちら:

ASUS Tinker Board S 実機デモ体験会 (先行予約販売購入者限定)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です