Raspberrypi On Zumo Python TkInterによる操縦・超音波センサによる停止

Raspberrypi On ZumoをPCなどのVNC画面からリモコンで操作します。取り付けた超音波センサーにより、障害物があると停止するようにします。USensorZumo

  1. 超音波モジュールの製作
  2. Arduino Leonardoのプログラム
  3. RaspberryPi のリモコンプログラム

超音波モジュールの取り付け

汎用基板を12×24ピッチの大きさに切り、図のように超音波センサー、ピンヘッダー2×12を取り付けます。

UsensorBoard2ZumoPinAssignment

ボードの裏面の配線は下のようにします。

Board_Plus_Sensor

超音波センサー基板をZumo前面の下部に取り付けます。

UsensorZumo2

 

Arduino Leonardoに超音波処理のプログラム・RaspberryPiのPythonプログラムをアップロードする

前もってやっておかなければならないこと:本サイト RaspberryPi On ZumoのWi-Fiコントロールシステム(WebIOPI)構築の手引き

を参照して、次の2点を行ってください。

  • RaspbianにArduino開発環境をダウンロードします(下記リンク 4.参照)
  • ZumoMotorLibraryをダウンロードします(下記リンク5.参照)

その上で、次のArduinoプログラムをLeonardoにアップロードします。
Arduinoプログラムは次のとおり
USensor

ダウンロードリンク
UsensorCode

次のプログラムをRaspberryPiデスクトップ上でPython2.7を使って走らせる。(このコードも上のダウンロードファイル
UsensorCodeに含まれます)
TkControl-py
このプログラムをRaspberrypi上で走らせるとTkInterを利用してボタンでコントロールできるようになります。
ただし、RaspberrypiOnZumoを走らせるときはVNCを利用してリモートコントロールで動かします。

動作は:10cm以内の障害物に接近すると、Zumoはストップします。それ以外は下のTkInterのボタンで前進・後退・左旋回・右旋回をコントロールできます。終了はMotor controllerのボタンウィンドウを閉じます。
TKControl
<終わり>