Sensors Pack WS-9467

Sensors Pack は、次の13種類のセンサーが袋詰めになったお得なパック商品です。 センサー名称部分が各センサーの開発者用WiKiページにリンクされています。

センサー 説明 アプリケーション
MQ-5 Gas Sensor LPG、天然ガス、石炭ガスを感知する ガス漏れ探知機
Color Sensor _を検出する 色による並べ替えやマッチング
Flame Sensor 火災スペクトルを検出する 火災の検出、消防ロボット、火災警報
Hall Sensor 49Eホールセンサ モーター速度測定、オブジェクトの位置検出
Infrared Reflective Sensor 反射赤外線トランシーバ 経路追跡ロボット、障害物回避車、パイプラインカウンタ
Laser Sensor レーザーセンサ 障害検出、パイプラインカウンタ、スマートロボット
Moisture Sensor フォークのような形の土壌用湿度センサ 自動給水システム、植木鉢土壌水分検出
Rotation Sensor 時計回り/反時計回りの回転を検出 産業用制御装置における位置決め
Sound Sensor LM386車載オーディオパワーアンプ 周囲音検出、音量検出
Temperature-Humidity Sensor DHT11 温度&湿度センサ 周囲の温度&湿度検出
Tilt Sensor 振れ信号を検出 振動検出、ガードアラーム、スマートカー
UV Sensor 紫外線センサ 紫外線テスター、室外紫外線検出器、殺菌灯
Liquid Level Sensor 水位を検知する 水位警報

 

BeagleBone Black – Android を起動させる –

 

BeagleBone Black は,  推奨OS である Angstrom のほかに Ubuntu や Android OS に対応しています.  これら OS は,  micro SD カードにイメージを書き込んでブートさせることで起動させることができます。本格的に開発を考えている場合には,  Linux (Ubuntu OS) が入った母艦PC を用意して,  SDカードのパーティションを作成してからビルドしたOSを書き込む, という一連の作業が必要になります。

ここではパーティションなど考えずに,  既にビルドされるOSイメージをただmicroSDに書き込むことでひとまずOSを BeagleBone Black 上で起動させます。

 

対応OS

この方法においては現在のところ,

などが、BeagleBone用にリリースされています。以下の説明ではBBB_JB_Android_3_8_13.imgを使用しています。

 

OSイメージ書き込みの手順

1.  「Win32DiskImager」 をダウンロードし,  解凍します。

2.  実行ファイル(Win32DiskImager.exe) を立ち上げます。

 

3. 次に書き込むOSイメージ(解凍済みの) を選択してください.

4. 「Write 」で書き込まれます.

ただしUSBメモリやSDカードを2つ以上認識させている場合は、「コンピュータ(マイコンピュータ)」から、OSイメージを書き込むSDカードのボリュームラベルをチェックし,  上記画面の「Device」の項でそれを選択してください.

書き込みが実行されると下のようなステータス画面に映ります.

書き込みが完了すると、「successful 」とダイアログが表示されます.

5.  書き込みが完了した microSDカードを BeagleBoneBlack のカードスロットに挿してください

6. スロットの傍にある「S2(BOOTボタン)」を押しながら電源をいれ,  Power ランプがついたらボタンを離してください.

7.  書き込みが正常におこなわれていれば,  「セットアップ(Angstrom編)」と同じく,  しばらくするとブートが完了しお楽しみいただけます.