Tinker Board S で搭載された低電圧検出機能

低電圧検出機能の必要性

 

Tinker Boardは、5V 2.5A以上(できれば3A以上)の電源が必要となります。

ACアダプターはきちんとした容量のものを使っていても、意外と落とし穴なのが、電源ケーブルだったりします。

ケーブルの太さに安心して、容量の低いものをうっかり使ってしまうと、Tinker Boardが原因不明の動作不安定になったりします。

 

そこで、Tinker Board S では、供給される電源電圧が一定値より低下すると、GUI上に「警告メッセージ」が出るようになりました。

電源問題で発生する動作不安定は、すぐにそれが原因と分かるようになったのです。

 

 

TinkerOS Debianの低電圧警告メッセージ

 

いざ、出そうと思うと、なかなか出なかったりするのですが、試行錯誤の末、下記のように警告メッセージを出すことが出来ました。

 

low_voltage1

 

警告メッセージに、[Show more]というボタンがあるので、押してみると、詳しい説明が出てきました。

電圧が4.65V以下に低下すると出るようです。

low_voltage3

 

 

TinkerOS Androidの低電圧警告メッセージ

 

TinkerOS Androidでは、下記のようにメッセージが出ます。

android-low-voltage0

 

クリックすると詳細が表示される動作はTinkerOS Debianと同じ。

android-low-voltage1

 

また、メッセージの履歴が上部に残り、後からでも開くことが出来ます。

android-low-voltage2-2

android-low-voltage3

 

以上

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です