Tinker BoardにAndroidをインストールする手順


Tinker BoardにAndroid OS marshmallow v13.11.0.4をインストールしたときの手順をまとめます。

boot4

 

 

(1)OSイメージを準備する

Windows PC上で、ASUSTek Computer社のTinker Boardのページを開きます。

https://www.asus.com/jp/Single-Board-Computer/Tinker-Board/

android0

「資料・ダウンロード」をクリックし、スクロールした先の「TinkerOS-Android」をクリックします。

android1

「開く」か「保存」かを選択するウィンドウが開いた場合には、「保存」を選択してください。

保存したOSイメージは、zip形式で圧縮されていますので、展開すると、.imgの拡張子のファイルが得られます。

 

(2)OSイメージをマイクロSDカードに書き込む

Win32DiskImagerというツールを使います。

未インストールの場合には、下記からダウンロードしインストールしておきます。

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/latest/download

Android OSを書き込むマイクロSDカードをWindows PCに挿します。

Win32DiskImagerを立ち上げます。

「Device」欄にマイクロSDカードのドライブを指定、「Image File」欄にAndroid OSイメージファイルを指定します。

android2

「Write」ボタンを押して書き込みを開始、終わったら「Exit」で抜けます。

 

(3)Android OS起動

OSイメージを書き込んだマイクロSDカードをTinker Boardに挿します。

Tinker Boardに、ディスプレイ、キーボード、マウス、ネットワークケーブルをつなげます。

準備が整ったら電源を入れます。

最初、下記のようなエラーメッセージが出ます。

boot1

 

気にせずそのままにして置くと、画面が真っ暗になります。

それでも我慢して1分ほど待っていると、androidのロゴが表示されます。このロゴも1分ぐらい続きます。

boot2

 

その後、見慣れたTinker Boardの壁紙でAndroidが立ち上がります。

boot3

 

少し遅れて、壁紙に各種アイコンが表示されたら、表示はこれで完了。

しばらくディスクアクセスが続きますが、その間も操作可能です。

boot4

boot6

 

 

時折、特に待たされているわけではないのに、強制終了するかどうかの表示が出ることがあります。

操作はきびきびと動き、恐ろしく速すぎるくらいなので、一瞬でも止まると、Tinker Board的では待たしてしまっていると認識するのかもしれません。

boot5

 

ストレスなく使用することができますので是非お試しください。

 


[Tinker Board日本語情報一覧へ]
http://physical-computing-lab.net/tinker-board

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です