Tinker BoardのGPIOには、どのくらいの電流が流せますか?


Tinker BoardのGPIOのドライブ能力がどれくらいあるかは、Tinker OSからレポートを取ることができます。

sudo cat /sys/kernel/debug/pinctrl/pinctrl/pinconf-pins

 

例えば、pin 17 (GPIOピンヘッダーの位置は7番ピン) の場合、上記実行したときのレポート中に、

pin 7 (gpio0-7): input bias pull up output drive strength (4 mA) pin output (1 level)

とあり、4mAまでのドライブ能力があるということが分かります。

 

この「pinの番号」と、「物理的なGPIOピンヘッダーの位置」との対応関係は分かりづらいかと思いますが、Tinker BoardのGPIO C Libraryをインストールすると、コマンドから取得できるようになります。

sudo gpio readall

 

GPIO C Libraryは、ASUSTek Computer社のTinker Boadのページから得ることが出来ます。

https://www.asus.com/jp/Single-Board-Computer/Tinker-Board/

 

OSダウンロードの箇所の下に、GPIO APIというくくりがあり、Pythonライブラリの次にCライブラリのダウンロードとインストール方法の説明があります。

記述されている通りにインストールすることで、上記のgpioコマンドが使えるようになります。

 


[Tinker Board日本語情報一覧へ]
http://physical-computing-lab.net/tinker-board

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です