Raspberry Pi用遠隔操作カメラキットの使い方について

Raspberry Pi用遠隔操作カメラキット [TSI-Pi-101-W2]  および Raspberry Pi用遠隔操作カメラキット(組立済み) [TSI-Pi-101-WA2] の使い方について

遠隔操作カメラキットには、

  • MIPI接続のカメラ
  • カメラの向きを動かすことが出来るpan-tilt機構(組立てキット、もしくは、組立て済み)
  • ブレッドボード

のみが含まれています。

「これだけで遠隔操作カメラが作成できる」というものではなく、Raspberry Piなどのボードコンピュータと組み合わせて、遠隔操作カメラシステムを作る「部品」としてご利用ください。

また、遠隔操作カメラという特定の使い方に限定したものではなく、創意工夫で使い方を考えて頂くことも可能です。

とはいえ、白紙状態からプログラムを記述したり配線を考えるのも大変ですので、本キットが想定している遠隔操作カメラの一例をご紹介します。

(1)pan-tiltの組立て方法

まず、組立て済みでない商品([TSI-Pi-101-W2])の場合は、プラスチック部品とサーボモータを組み合わせてネジ止めして組み上げて頂く必要があります。
このときの組立て方法は、下記を参照ください。
https://learn.adafruit.com/mini-pan-tilt-kit-assembly

(2)典型的な利用例

Raspberry Piなどと組み合わせることで、この写真のようなカメラを作成することができます。

完成図

 

Raspberry Piとサーボモータとの配線は、下記のようにしてください。
GPIO23GPIO24をpan-tiltの制御に使っています。

pantilt接続

 

また、プログラムは、下記のページで詳しく述べられているRpi_Cam_Web_Interfaceを使うと、一式揃っているので便利です。
https://elinux.org/RPi-Cam-Web-Interface

 

・パッケージの取得方法

git clone https://github.com/silvanmelchior/RPi_Cam_Web_Interface

 

・インストール方法

install.sh を実行

 
Rpi_Cam_Web_Interfaceは、次の3つのモジュールからなります。

raspimjpeg: カメラから静止画や動画を取得するプログラムです。

servod: サーボモータを制御するドライバです。

httpサーバ、スクリプト類: 遠隔操作カメラをコントロールして撮影画像を表示するwebページの仕組みを提供しています。

 
なお、この中で、servodモジュールは、コンパイル済みのものが提供されているのですが、そのドライバが最新OSでは動かないため、別途servodをソースコードからコンパイルしなおしてインストールする必要があります。
servodのソースコードはgithubにあります。

 

・パッケージの取得方法

git clone https://github.com/srcshelton/servoblaster

・インストール方法

make; sudo make install を実行

 
また、raspimjpegもバイナリ提供です。
もし、ソースコードからコンパイルしたい場合には、次のgithubからソースコードが取得できます。
https://github.com/rpicopter/raspimjpeg

 
インストール後、PCやスマホなどから、ワイヤレスルータを介してhttpサーバに接続することで、カメラを無線操作できます。

なお、表示にあたっては、Internet Explorerを使うとハングアップしてしまうので、Chromeなどのブラウザを使用してください。

図1

 

(3)別の例

弊社では試していませんが、遠隔操作カメラキットは、下記の例でも使えそうです。

http://www.instructables.com/id/IoT-Raspberry-Pi-Video-Streamer-and-PanTilt-Camera/

 

以上

 

 

LattePandaの日本語化の手順に関して | Physical Computing Lab

 

 

日本語化は、英語版Windows10に日本語を追加する事により

可能です。Controle Panelの表示はView by: Category で表示されている場合で

以下に説明をします。

 

  • コントロールパネル > Clock, Language, and Rejon > Add a Language

1

 

この画面で 【Add a language】をクリックすると

Language listが表示されます。その中より日本語を選択します。

 

2

 

次に日本語欄のOptionを選択し日本語のLanguage packをダウンロードします。

完了後、日本語をデフォルトにする為に日本語を最上部へMove Upします。

 

その後、システム設定を日本に変更します。

画面左したのロケーションをJapanに変更します。

3

 

LocationタブでHome locationを Japanにし、 Administrativeタブでcopyします。

4

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変更をApply

6

 

 

 

 

 

 

全てにチェックをいれてOK。

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再起動の確認では、再起動を行わず

続けて

Change system localeでCurrent system locateを日本にします。

8

 

 

 

 

 

 

 

 

そして再起動を行います。

コンベアキット付属のカラーセンサーが1色しか認識しない。

以下をご確認下さい。

 

1.DobotStudioのバージョンと、ファームウェアのバージョンをご確認下さい。古いバージョンをお使いの場合は最新のバージョンにアップデートして問題が解決するかご確認下さい。

 

2.カラーブロックとカラーセンサの距離を5~10mm程度のギャップになるように設定してみて下さい。

 

3.以下のようなテストプログラムを作成し、DobotStudioのBlocklyの画面で上部右側に表示されるRunning Logをご確認下さい。読み取っているデータが異常な場合は、カラーセンサーの接続をご確認下さい。

color_sensor_chk

 

マイクロ生産ラインのデモで、アームがカラーセンサーの位置から動かない。

DobotoMagicianのLEDをご確認下さい。

緑色に点灯していない場合は、アームが動こうとしている座標位置が可動範囲の外に設定されている可能性があります。座標パラメータを可動範囲内に設定しなおして再度実行してみて下さい。

マイクロ生産ラインのデモでPhotoelectricセンサーが動作しない。

以下をご確認下さい。

1.PhotoElectricセンサーのケーブルが接続されているポートを確認する(例:GP1、GP1はフォアアームの一番下のポートになります)。

2.Blocklyのプログラムを開き、SetPhotoelectricSensorのパラメータがON、ポートが接続されたポートに設定されていることを確認する(例:GP1)。

3.サンプルプログラムを作成し、物体がPhotoelectricセンサー近傍に近づいた際、GetPhotoelectricSensorの値が0から1に変化することを確認します。

photoelectric_sensor_chk

4.Photoelectricセンサーの値が正しく変化しない場合、センサー裏面の調節ネジをマイナスドライバーなどで調整してみて下さい。時計回りに回すと短い距離で反応する設定となり、反時計回りに回すt長い距離で反応するようになります。

photoelectric_sensor_adjust

 

DobotMagicianのアームが障害物に当たり、その後意図した位置に動作しなくなった。

DobotStudioのHomeボタンをクリックして、ホームポジションに戻してから、再度実行してみて下さい。Home後に、Beep音がなり、LEDが緑に点灯していることを確認して下さい。