Sensors Pack WS-9467

Sensors Pack は、次の13種類のセンサーが袋詰めになったお得なパック商品です。 センサー名称部分が各センサーの開発者用WiKiページにリンクされています。

センサー 説明 アプリケーション
MQ-5 Gas Sensor LPG、天然ガス、石炭ガスを感知する ガス漏れ探知機
Color Sensor _を検出する 色による並べ替えやマッチング
Flame Sensor 火災スペクトルを検出する 火災の検出、消防ロボット、火災警報
Hall Sensor 49Eホールセンサ モーター速度測定、オブジェクトの位置検出
Infrared Reflective Sensor 反射赤外線トランシーバ 経路追跡ロボット、障害物回避車、パイプラインカウンタ
Laser Sensor レーザーセンサ 障害検出、パイプラインカウンタ、スマートロボット
Moisture Sensor フォークのような形の土壌用湿度センサ 自動給水システム、植木鉢土壌水分検出
Rotation Sensor 時計回り/反時計回りの回転を検出 産業用制御装置における位置決め
Sound Sensor LM386車載オーディオパワーアンプ 周囲音検出、音量検出
Temperature-Humidity Sensor DHT11 温度&湿度センサ 周囲の温度&湿度検出
Tilt Sensor 振れ信号を検出 振動検出、ガードアラーム、スマートカー
UV Sensor 紫外線センサ 紫外線テスター、室外紫外線検出器、殺菌灯
Liquid Level Sensor 水位を検知する 水位警報

 

LattePandaの日本語化の手順に関して | Physical Computing Lab

 

 

日本語化は、英語版Windows10に日本語を追加する事により

可能です。Controle Panelの表示はView by: Category で表示されている場合で

以下に説明をします。

 

  • コントロールパネル > Clock, Language, and Rejon > Add a Language

1

 

この画面で 【Add a language】をクリックすると

Language listが表示されます。その中より日本語を選択します。

 

2

 

次に日本語欄のOptionを選択し日本語のLanguage packをダウンロードします。

完了後、日本語をデフォルトにする為に日本語を最上部へMove Upします。

 

その後、システム設定を日本に変更します。

画面左したのロケーションをJapanに変更します。

3

 

LocationタブでHome locationを Japanにし、 Administrativeタブでcopyします。

4

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変更をApply

6

 

 

 

 

 

 

全てにチェックをいれてOK。

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再起動の確認では、再起動を行わず

続けて

Change system localeでCurrent system locateを日本にします。

8

 

 

 

 

 

 

 

 

そして再起動を行います。

7インチ タッチディスプレイのご使用に関して

7インチ タッチディスプレイで下記対象製品のサポートデバイス、及びOSは以下の通りとなります。

 

対象製品

  • Raspberry Pi用 7inch タッチスクリーンLCD (C) [TSI-PI020-070C]
  • 7″HDMIディスプレイ&ケースセット

使用可能デバイス&OS

Device Driver OS
Raspberry Pi 2 Model B Raspbian Raspbian, Ubuntu
Raspberry Pi 3 Model B Raspbian Raspbian, Ubuntu
BB Black Angstrom
Tinker Board TinkerOS (ver2.0.1 beta以上)
LattePanda Plug&Play Windows10

LattePandaをWi-Fiに繋げよう!

LattePandaをWi-Fiに接続する前に、アンテナを接続しましょう!

 

1.Wi-Fiアンテナをボートに取付

GPIOピンの脇にある”ANT”と記載のあるソケットに付属のアンテナを接続します。
wifi antenna

2.Windowsの画面の右下にあるシステムトレイのW-Fiのアイコンをクリックします。

ウィザードに従い設定を進めます。

 

注意)Wi-Fiの電波感度が弱いと安定した接続ができません。 アンテナの接続が適切に行われているか

確認をしてください。

※このアンテナ接続不良が原因となりWindowsライセンス認証が適切に行われない事もあります。

 

LattePandaの電源をいれよう!

LattePandaの電源をいれよう!

LattePandaの電源は、microUSBポート、もしくはCN2 Header Pinより入力します。

注)使用前に電源アダプターとUSBケーブルが接続されている事を確かめます。電流供給が十分でないと起動できないことがあります。
電源アダプターは、ボード本体には付属されていません。ストアーより別途お買い求めください。
A power adapter will not be bundled with the board, but you may get one from our online store or any electronics retailer.

こちらの電源セットがお勧めです!

MicroUSB

LattePandaには最低2.0Aの電流を供給できるUSBアダプターが必要です。

電源アダプターとmicroUSBケーブルの準備が整ったら、以下の手順に従って進めます。

1.USB電源アダプターにUSBケーブルを接続し、続けてmicroUSBをLattePandaのmicroUSBポートへ接続します。
(microUSBポートは、SDカードソケットの隣にあります。)

7インチ タッチ・ディスプレイをご使用の場合、デバイスの電源をONにする前にディスプレイを接続して下さい。

power_port

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.電源が供給されると、ボード裏側の赤色LEDが点灯します。これは、LattePandaが初期化を行っている事を示しています。LEDが消えるまで数秒間待ちます。

注)システム動作中に電源を切らないでください。(もし赤色LEDが点灯していれば、それはシステムが起動していることを示しています。)


  1. 赤色LEDが消灯したら、電源ボタンを1秒間押します。すると、LattePandaは起動し、再びLEDが点灯します。

CN2 Header Pins

CN2 Header Pinsを使用する場合は、アダプターを作る必要があります。

こちらの画像をご参考ください。

2017 10 27 14 54 Office Lens

 

 

 

PINOUT

LattePandaの電話認証による再Activation

LattePandaのActivationで次のエラーが発生しActivationに失敗した場合、次の電話による認証をお試しください。

エラーコード : 0xC004C008

1.【ファイル名を指定して実行】から電話認証のプログラムを起動する。

『Windowsキー』+『R』を同時に押すと、【ファイル名を指定して実行】の画面が表示されます。

 

ctr+R

ここで、『slui 4』(エス、エル、ユー、アイ、スペース、4)を入力しOKをクリックします。

すると電話認証の画面が起動します。

2.電話認証の開始

電話認証の画面(下図)では、既にSelect your country or region の欄にJapanが表示

されています。しかしながら、表示された際は”Afghanistan”が表示されていますので、これを”Japan”に変更し

Nextをクリックすると、日本の電話認証用の電話番号が表示されます。

ctr+R2

3.電話の発信とInstallation IDの入力

表示された電話番号へ電話を掛け、画面に表示されたInstallation IDを指示に従い電話に入力します。

これが完了すると、次に電話よりPCに入力する番号が案内されますので、これの番号を入力し、

最後にEnter Confirmation IDをクリックすると、認証が完了となります。

ctr+R3

 

 

LattePanda Licenseキー入力方法

Physical Computing LabのLattePandaをご購入頂いた場合には、下図のLicenseカードが同梱されています。この番号を使用し製品のライセンスをアクティベーションする方法を説明します。
License_Card

大きな流れとしては

1.Windows10 システム画面にある「Windows Activation」を表示させる。

2.ネットワークに接続する(アンテナ接続を確認しよう!

3.Keyを入力しActivationを実行する

となります。 以下に順を追って説明します。 既にお分かりであれば適宜先へお進みください。

 

1.Window10の「システム」画面を表示させる。

Windows10の画面右下の「Windowsロゴ」にマウスカーソルをもっていき、右クリックするとコンテキストメニューが表示ます。windows-10-system-information-05-640x478

左図にコンテキストメニューが表示された状態です。 赤線で囲まれた「コントロールパネル」を選択します。

 

 

 

 

 

 

windows-10-system-information-06

 

この画面ではメニューの表示方法が「カテゴリ」になっています。この状態で赤線で囲まれた「システムとセキュリティ」を選択します。

 

 

 

 

 

windows-10-system-information-07ここでようやく「システム」が現れます。赤線で囲まれた「システム」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

2.ネットワークに接続しステータス確認

(アンテナ接続を確認しよう!

注)アンテナ接続が適切で無い場合、通信が安定せず認証エラーになる場合もあります。

unacvtiveS

ネットワークに接続されていない状態では、左図の赤枠の様に表示されます。

ネットワークに接続後、赤枠内右下にある 「Activate Windows」をクリックするとアクティベーション画面が表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

avtivat1S

 

「Activation」画面の下側にある「Change product key」をクリックすると、License keyを入力する画面へとかわります。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.Keyを入力しActivationを実行する

avtivat2

 

順次、画面の指示に従い進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

avtivat4

 

Activationが完了すると、こちらの画面となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注)

まれに、Activationに失敗する場合があります。 考えられる原因の一つに認証サーバーからのレスポンスが遅い場合や、時刻が合っていないなど、いろいろな場合があるようです。 その際には電話による際認証を行い、Activationが可能となります。