Sensors Pack WS-9467

Sensors Pack は、次の13種類のセンサーが袋詰めになったお得なパック商品です。 センサー名称部分が各センサーの開発者用WiKiページにリンクされています。

センサー 説明 アプリケーション
MQ-5 Gas Sensor LPG、天然ガス、石炭ガスを感知する ガス漏れ探知機
Color Sensor _を検出する 色による並べ替えやマッチング
Flame Sensor 火災スペクトルを検出する 火災の検出、消防ロボット、火災警報
Hall Sensor 49Eホールセンサ モーター速度測定、オブジェクトの位置検出
Infrared Reflective Sensor 反射赤外線トランシーバ 経路追跡ロボット、障害物回避車、パイプラインカウンタ
Laser Sensor レーザーセンサ 障害検出、パイプラインカウンタ、スマートロボット
Moisture Sensor フォークのような形の土壌用湿度センサ 自動給水システム、植木鉢土壌水分検出
Rotation Sensor 時計回り/反時計回りの回転を検出 産業用制御装置における位置決め
Sound Sensor LM386車載オーディオパワーアンプ 周囲音検出、音量検出
Temperature-Humidity Sensor DHT11 温度&湿度センサ 周囲の温度&湿度検出
Tilt Sensor 振れ信号を検出 振動検出、ガードアラーム、スマートカー
UV Sensor 紫外線センサ 紫外線テスター、室外紫外線検出器、殺菌灯
Liquid Level Sensor 水位を検知する 水位警報

 

Raspbian Stretchがアップデート:異なるスクリーン解像度をサポート

以下はwww.raspberrypi.org/blog に掲載された記事の要約です。

新しいイメージ

新しいイメージを提供する理由は Raspberry Pi 3 Model B+ への対応、bug修正、新機能追加。
ほとんど全てのハードウェアに対応しているが、Chromiumが Pi1やPiZeroの古いArm6で動かない
ことと、幾つかのソフトウェアがメモリ不足などで動作が非常に遅くなること。

Raspbianとスクリーン解像度

新しいAppearance Settingアプリケーションは大・中・小スクリーンそれぞれのデフォルトを選べるようにした。  これにより、フォントサイズ、アイコンサイズなどが、完璧ではないが、それぞれの解像度に適したものとなるようにした。
(左:以前のもの、 右:新しいもの  新しい中解像度が以前のデフォルトに相当する)

appset  appsetdef

 

Pixel Doubling

RaspberryPiConfigurationのSystemの一番下に 「Pexel Doubling」の項目を入れた。Raspbianをの超高解像度Retina Displayなどで使うときにあまりにもピクセルが小さくなり過ぎるのを解決するため。全てのピクセルを2×2ブロックにしたこと。MacBook Proや大型のHDMIスクリーンで使用する。目の悪い方々にも役に立つのではないか。

rpconf

 

X86バージョンのRaspbian

Raspbian Jessieの時から作られたX86バージョンのRaspbianについても今回のバージョンアップと同時にリリースした。

PCManFMの改善

アプリケーションPcManFMのメニュー変更した。
・あまり使わない機能は隠した。
・ファイル名をクリックして変更できるようにした。(Windowsのように)

アップデートしたRaspbianを使うには

新しいイメージをダウンロードするか、または
$sudo apt-get update
$sudo apt-get dist-upgrade
で更新できる。

<終わり>

Raspberrypi On Zumo Python TkInterによる操縦・超音波センサによる停止

Raspberrypi On ZumoをPCなどのVNC画面からリモコンで操作します。取り付けた超音波センサーにより、障害物があると停止するようにします。USensorZumo

  1. 超音波モジュールの製作
  2. Arduino Leonardoのプログラム
  3. RaspberryPi のリモコンプログラム

超音波モジュールの取り付け

汎用基板を12×24ピッチの大きさに切り、図のように超音波センサー、ピンヘッダー2×12を取り付けます。

UsensorBoard2ZumoPinAssignment

ボードの裏面の配線は下のようにします。

Board_Plus_Sensor

超音波センサー基板をZumo前面の下部に取り付けます。

UsensorZumo2

 

Arduino Leonardoに超音波処理のプログラム・RaspberryPiのPythonプログラムをアップロードする

前もってやっておかなければならないこと:本サイト RaspberryPi On ZumoのWi-Fiコントロールシステム(WebIOPI)構築の手引き

を参照して、次の2点を行ってください。

  • RaspbianにArduino開発環境をダウンロードします(下記リンク 4.参照)
  • ZumoMotorLibraryをダウンロードします(下記リンク5.参照)

その上で、次のArduinoプログラムをLeonardoにアップロードします。
Arduinoプログラムは次のとおり
USensor

ダウンロードリンク
UsensorCode

次のプログラムをRaspberryPiデスクトップ上でPython2.7を使って走らせる。(このコードも上のダウンロードファイル
UsensorCodeに含まれます)
TkControl-py
このプログラムをRaspberrypi上で走らせるとTkInterを利用してボタンでコントロールできるようになります。
ただし、RaspberrypiOnZumoを走らせるときはVNCを利用してリモートコントロールで動かします。

動作は:10cm以内の障害物に接近すると、Zumoはストップします。それ以外は下のTkInterのボタンで前進・後退・左旋回・右旋回をコントロールできます。終了はMotor controllerのボタンウィンドウを閉じます。
TKControl
<終わり>

RaspberryPi日本語入力 fcitx-mozcを入れる

あらかじめ国別・キーボード設定などを行います。

menu>Preference>Raspberry Pi Configurationと選びます。

  • Localization>
  • Locale: Set Locale:>language>ja(japanese)
  • Country >JP(Japan)
  • Character Set> UTF-8
    -> OK を押す

キーボードの選択をあやまると、キーと打刻される文字が不一致になってしまいます。

英語キーボードを使っている場合は次のようにします。

  • Keyboard: Set Keyboard:
  • Country: United States
  • Variant: English(US)

日本語キーボードを使っている場合は次のようにします。

  • Country: Japan
  • Variant: Japanese

ここでキーボードのためし打ちができるので、Type here to test your keyboardの欄に たとえば *, =, ~, |, _, “, @ など、不一致になりやすい文字を打って確かめます。

keySettei

日本語入力 fcitx-mozc のインストール

ここではオープンソースのMOZCをインストールします。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fcitx-mozc
インストール途中で実行してよいか聞かれますので y (yes)で答えて下さい。

mozcの使い方

mozc がインストールされると、ツールバー右上に小さなキーボードアイコンが現れます。

MozcIcon
また、メニューに
システムツール>Fcitx  および 設定>Fcitx、Mozcの設定、入力メソッド
が現れます。

mozc2

mozcの起動

キーボードアイコンをマウスクリックするか、CTRL+スペースキーを押すと、mozc かな変換が起動します。キーボードアイコンは「あ」に変わります。

mozcIcon2

<終わり>

 

Raspberry PI 3 の無線LANに固定IPアドレスを設定する

RaspberryPiのネットワークアドレスを調べる

lxterminalで次のようにタイプして、Raspiの現在のネットワークの状態を確認します。
$ ifconfig
とタイプします。wlan0の項目を見ると、現在DHCPでこのRaspberryPiには192.168.1.21が割り振られています。
ローカルアドレス192.168.1.2~192.168.1.224のうち、後のほうは使われていないとして
currentNet2
アドレスを   192.168.1.221 に固定することにします。

 

設定するアドレスが使われていないか確認する

アドレスが使われていないかの確認には ping コマンドを使用します。アドレス192.168.1.221 と 192.168.1.220で確認します。使い方は   $ ping アドレス で、データを送りつけて反応を調べるので、適当なところでCTRL-Cで停止します。

ping

ping 192.168.1.221の結果は5パケットのうち、0が受信され100%失われました→アドレスは未使用
ping 192.168.1.220の結果は4パケットのうち、4が受信され、0%が失われました→アドレスは使用中
これで 192.168.1.221は未使用であることが確認できたので、使うことにします。

 

固定アドレスを設定する

固定アドレスを設定するには/etc/dhcpcd.confファイルへ設定内容を追記します。nanoエディタを使って書き換えましょう。lxterminalで次のようにタイプしてnanoを起動し、追記内容を書き加えてください。

$ sudo nano /etc/dhcpcd.conf

# 追記

interface wlan0

static ip_address=192.168.1.221/24

static routers=192.168.1.1

static domain_name_servers=192.168.1.1

dhcpcd

編集後、CTRL-Oで変更内容を書き込み、CTRL-Xで終了します。
※注意:ルーターのアドレスは上記とは限らないので気をつけてください。192.168.10.1など。
その場合はstatic ip_address=129.168.10.221/24になります。

 

設定されたアドレスを確認する

一度、RaspberryPiを再起動して、固定アドレスが割り振られたかどうか確認しましょう。
$ sudo reboot now

再起動したら ifconfigでwlan0を確認します。

henkougo

確かに設定したアドレスが割り振られていることがわかります。(終わり)

RaspberryPiのVNC設定方法

RaspberryPiの設定

RaspberryPiデスクトップ上で メニュー>設定>Raspberry Piの設定 を選ぶ。
VNCを「有効」にします。
raspi_settei

RaspberryPiのアドレスを調べる

RasberrtPiデスクトップ上でlxterminalを立ち上げ、

$ ifconfig

でネットワークの設定を調べ、wlan0のアドレスをメモに控えておきます。
lxterminal
上のwlan0:の inet 192.168.xx.xx  がDHCPで割り振られたローカルアドレスです。

PCにRealVncViewer(クライアント)をインストールする

RealVncViewerダウンロードのページです。Windows x86(32ビット)またはx64を選んでダウンロードします。
https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/windows/
vncviewr

Viewerは圧縮されていないので、ダウンロード先をWindows32ビット環境ならProgram Files(x86)に、64ビットならProgram Filesフォルダにダウンロードします。起動しやすいようにダウンロードした実行ファイルを右クリックして、スタートメニューに登録しておきましょう。

VNCViewer起動

PC上のVNCViewerを起動してください。するとアドレスを尋ねてきますので、先ほどメモしたアドレスを
入力します。

address

認証を求められますので、ユーザー名、パスワードを入力します。ここでは pi,  raspberry です。

authentication

PCの画面にRaspberrypi のデスクトップが表示されます。

desktop

(終わり)

Raspberry Pi用カメラモジュール

1. ここで扱うカメラモジュールの種類

  • フラットケーブルタイプ

Raspberry Pi公式カメラ

rpicam-s

 

 Waveshare社カメラ

wscam-s

 

  • USBケーブルタイプ

USB接続のWEBカメラなど

usbcam-s

2. 必要なハードウェア

Raspberry Piにカメラモジュールを接続して使う場合、次の機材が必要となります。

(1) カメラモジュール本体
(2) Raspberry Piボード(Pi2もしくはPi3)
(3) マイクロSDカード
(4) 5V 2.5A以上の電源
(5) HDMIケーブル
(6) LANケーブル
(7) HDMIディスプレイ
(8) マウス
(9) キーボード

(2)~(6)は、弊社「コンプリートスタータキット(Standard)」を購入すれば揃います。是非ご利用ください。

completepi3

 

 

3. 対象となるOSの準備と機材の組み上げ

ここでは、Raspbian OS を使用する前提で説明します。

① 下記を参照して、Raspbian OSのインストールとRaspberry Pi本体の接続を行ってください。

Raspbian OSインストール方法

② 電源を入れる前にカメラを接続します。以降に述べる手順に従ってください。

 

4. カメラの接続方法について

4.1 フラットケーブルタイプのカメラモジュール

フラットケーブルとは、下記写真のような平べったいケーブルのことです。

flatcable

両端の接点の向きが同じ面のものと、異なる面のものとがあります。

この2つには互換性はありません。入れ替えて使うとカメラモジュールやRaspberry Pi本体の故障の原因となります。

必ず、使用するカメラモジュールに付属のケーブルを使うようにしてください。

Raspberry Piには、ディスプレイ用コネクタとカメラ用コネクタがあります。

コネクタの形状が似ているので注意してください。

カメラ用コネクタの位置は下記写真の通りです。

raspi_cam_conn

 

フラットケーブルは、金属の接点のある側がHDMIコネクタ側を向くように差し込んでください。

raspi_cam_conn2

 

ケーブルが突き当たるまでコネクタに差し込みます。

差し込み方が甘いとカメラが機能しませんので、注意してください。

差し込んだら、黒いプラスチックを押し込んでロックしてください。

raspi_cam_conn3

 

 ケーブルを接続し終わったらOSを起動します。

 

4.2 USBケーブルタイプのカメラ

USBカメラは、Raspberry Piが起動した状態で接続することができます。

 ただし、カメラによっては相性のため接続しても認識できないものもあるので注意してください。

 

5. カメラの設定および接続確認方法

5.1 フラットケーブルタイプの場合

設定方法

 フラットケーブルタイプのカメラモジュールを使うには、OS起動後、インタフェースの設定が必要となります。

GUI画面の左上のラズパイマークから、Preferences -> Raspberry Pi Configuration を起動してください。

 

設定ウィンドウが開いたら、

① [Interfaces] のタブをクリックし、

② [Camera] の項目のラジオボタンで、[Enabled] を選択し、

③ 下段の [OK] ボタンを押して設定ウィンドウを閉じます。

raspi_cam_setting2

 

OSをリブートすると、カメラインタフェースが有効になります。

この設定は、OSをインストールしたmicroSDカード毎に1回行えばよいです。

アプリケーションによっては必要になる設定

後述するcheeseなどのアプリケーションは、Video for Linux2(V4L2)というドライバが必要となります。

このドライバを使うには、/etc/modulesファイルを編集して、次の1行を追加します。

(最後から2文字目は、数字の1でなくアルファベットのエルの小文字です)

bcm2835-v4l2

記述追加後、Raspberry Piを再起動することでドライバが有効になります。

確認方法

GUIメニューから、Terminalなどのターミナルアプリケーションを開き、次のコマンドを打ち込みます。

vcgencmd get_camera

実行結果が、supported=1 detected=1  となればOKです。

 

5.2 USBケーブルタイプの場合

設定方法

事前の設定は不要で、Tinker BoardのUSBコネクタに接続するだけで認識されます。

確認方法

lsusbコマンドを実行すると、Raspberry PiにUSB接続された機器の一覧が表示されます。

一覧の中に、接続したUSBカメラが存在していれば、USB機器として認識されています。

 

6. カメラモジュールの使用方法

6.1 使用するアプリケーション

ここでは用途に応じて、raspivid、raspistill、cheese の3つのアプリケーションを紹介します。

コマンドライン GUI
 raspivid  raspistill  cheese
 プレビュー フラットケーブル  USBケーブル
 静止画の撮影 フラットケーブル フラットケーブル

USBケーブル

 動画の撮影 フラットケーブル フラットケーブル

USBケーブル

 

6.2 カメラ画像のプレビュー

フラットケーブルタイプの場合

RaspbianOSにデフォルトで組み込まれているraspividコマンドを使ってカメラモジュールのプレビューを表示します。

Terminalを開き、次のコマンドラインを打ち込むことで、プレビュー画像が5秒間表示されます。

raspivid --demo 5000

 

USBケーブルタイプの場合

カメラアプリケーションは色々ありますが、ここではcheeseというGUIアプリケーションを使います。

まず、Terminalを開き、次のコマンドでインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install cheese

インストールが完了すると、GUIのメニューのSound&Videoの項目から起動できるようになります。

Cheeseを起動すると下記のように、カメラのプレビュー画像の下にコントロールパネルが付いたウィンドウが表示されます。

raspi_cheese2

 

6.3 静止画の撮影

フラットケーブルタイプの場合

RaspbianOSに標準実装されているraspistillコマンドを使います。

Terminalを開き、次のコマンドを実行することで、静止画をphoto.jpgという名前で保存できます。

raspistill -o photo.jpg

USBケーブルタイプの場合

cheeseというアプリケーションを使います。インストール方法は、「6.3 カメラ画像のプレビュー」を参照ください。

インストール後、GUIのメニューのSound&Videoの項目からcheeseを起動します。

pi-cheese1-still

撮影手順

① ウィンドウ中段のPhotoボタンを押して静止画撮影モードにします。

② ウィンドウ中段の録画マークボタンを押します。

③ 3からのカウントダウンが始まり、0になると画像が撮影されます。

④ 撮影された画像は、ボタンの下のサムネイル領域に表示されます。右クリックしながらSave Asを選択するとファイルとして保存できます。

6.4 動画の撮影

フラットケーブルタイプの場合

RaspbianOSに標準で組み込まれているraspividコマンドを使います。

Terminalを開き、次のコマンドを実行することで、動画を5秒間撮影し、video.h264という名前で保存できます。

raspivid -t 5000 -o video.h264

USBケーブルタイプの場合

cheeseというアプリケーションを使います。インストール方法は、「6.3 カメラ画像のプレビュー」を参照ください。

インストール後、GUIのメニューのSound&Videoの項目からcheeseを起動します。

pi-cheese1-mov

撮影手順

① ウィンドウ中段のVideoボタンを押して動画撮影モードにします。

② ウィンドウ中段の録画マークボタンを押します。録画マークから■マークに変わり、動画撮影開始します。

③ ■マークボタンを押すことで、ボタンの下のサムネイル領域にビデオテープ(動画)アイコンが表示されます。

④ サムネイルを右クリックしながらSave Asを選択するとwebmファイルとして保存できます。

 

 

 

 

 

以上

 

 

RaspberryPi On ZumoのWi-Fiコントロールシステム(WebIOPI)構築の手引き

RaspberryPiOnZumoのWi-Fiコントロール(WebIOPi)システム構築の手引き

PiOnZumo

スマホやパソコンのブラウザから構内のWi-Fiステーション経由でRaspberryPiOnZumoを
操縦するシステムを構築します。WebサーバーにはWebIOPiを使用します。

コードを入手する→codes

RaspberryPiOnZumoについてのFAQ

1.Arduino LeonardoにアップロードしたCommandReceiver.inoのプログラムの意味がよくわからないのですが。

・Arduinoのプログラムは最初に1回だけ実行されるsetup()関数と,その後繰り返し実行されるloop()関数からできていて,
プログラムはその中身を書くことになります。

・setup()関数内でUSBシリアル通信の初期化をSerial.speed(9600)命令で通信速度9600baudに設定します。

・次にloop()関数内で,Serial.available()関数により通信データがあるか調べ,あれば一文字(コマンド)を変数cに読み取り,
その文字の種類によって,モーターを制御しています。

・arduinoのシリアル通信命令についてはArduino.ccのserial以下をご覧ください。

https://www.arduino.cc/reference/en/language/functions/communication/serial/

 

2.Arduinoにモーターコントロールプログラムを書き込むとエラーが出てうまく書き込めません。

・ZumoMotorLibraryの場所が違っている可能性があります。    /home/pi/sketchbook/library/Zumo-shield/ZumoMotors
というディレクトリ構造になっているか確認してください。

・ArduinoIDEから ツール>シリアルポート を確認してください。    /dev/ACMA0となっているか、たとえば/dev/ACMA1などに
なっていたら、 RaspberryPiとArduinoがUSBケーブルで接続された状態で、RaspberryPiを再起動してください。
( $ sudo reboot now )その後、/dev/ACMA0になっていることを確認してください。

 

3.WebIOPiを起動するとデモページが立ち上がってしまう。

・/etc/webiopi/configファイルが書き換えられていません。11.の項目をもう一度よくチェックして下さい。
デスクトップ環境から直接configファイルをleafPad(エディタ)で開くと、書き込みができません。
lxterminalを立ち上げ、その中で sudo leafpad /etc/webiopi/configとして編集し、保存する必要があります。
これは /etc/rc.localの編集、書き込みについても同じです。

 

4.ブラウザからRasPiのアドレスにアクセスしてもボタンのついたページが表示されない。

・ index.htmlファイルが文法的に正しくない。10.のリストと比べて字句が正しいかチェックして下さい。

 

5.プッシュボタンを押してもRasPiが終了しない。

・プッシュボタンが26, 27ピンに間違いなく差してあるか確認する。
・shutdown.pyのリストをもう一度確認してください。
・shutdown.pyの場所を確認してください。
・/etc/rc.local の内容を確認してください。

Waveshareの2.13inch電子ペーパーHAT(e-paper HAT)のデモ立ち上げ方法

e-paper_hat

Waveshare社の2.13inch電子ペーパーHATは、お手ごろな値段で電子ペーパーが楽しめるHATです。

電子ペーパーは、電源を切っても表示を保持するデバイスです。

ラズパイでちょっとしたメモを表示させ、シャットダウンしてから外して持ち歩く、なんて使い方もできそうです。

(キーホルダーケースとかあるといいですね)

Waveshare社の2.13inch電子ペーパーHATはRapberry Pi Zeroサイズですが、もちろんRaspberry Pi3などでも使えます。

Waveshare社にデモプログラムが用意されているので、試しに使ってみましょう。

 

(1)デモプログラムのダウンロード先

2.13inch電子ペーパーHATの技術Wikiページは

http://www.waveshare.com/wiki/2.13inch_e-Paper_HAT

です。

このページには色々技術解説が載っていますが、手っ取り早くデモプログラムを動かしたい場合には、

How to use の

Working with Raspberry Pi の

Demo code (clock to download) からプログラム一式(2.13inch_e-Paper_HAT-code.7z)を入手します。

epaper-python-demo

 

 

(2)Raspberry Piの設定

電子ペーパーHATは、SPIインタフェースで通信するので、raspi-configでSPIをONにしておきます。

sudo raspi-config

で立ち上げ、9 Advanced Optionsを選択、さらにA6 SPIを選択すると、Yes/Noを聞かれるのでYesを選択します。

これだけで、Waveshareが用意しているPythonのデモプログラムは動きます。

raspi-config1  raspi-config2  raspi-config3

 

(3) 7zipファイルを展開するには

でも、WaveshareのWikiページから落としてきたプログラムは、7zという拡張子が付いており、7zip形式で圧縮されています。

Windows PC上にダウンロードしてWindows PCの7zipアプリケーションで解凍してからTinker Boardに転送するのが手っ取り早いですが、

これをLinuxで解凍したい場合には、ツールをソースコードからmakeするしか方法が見当たりませんでした。

手順は

https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?f=30&t=41198#p348505

に書いてあるとおりです。

書いてある通り実行すれば作成できますが、念のため手順を述べます。

 

まず、

http://sourceforge.net/projects/p7zip/files/latest/download

からp7zipのソースコードをダウンロードします。

p7zip_*_src_all.tar.bz2

*のところはバージョン番号が入りますのでダウンロードする時々で変わります。

tar  jxvf p7zip_*_src_all.tar.bz2

で展開後、

cd  p7zip_*/

で作成されたディレクトリに移り、

make

を実行するだけです。

 

このmakeが意外と時間がかかりましたが、難なく終わります。

あとは、作成したツールをインストールするだけです。

sudo  ./install.sh

これで、7zaという7zip形式を扱うコマンドがインストールされました。

 

(4) 電子ペーパーHATのデモを実行する

さていよいよ、電子ペーパーHATのデモプログラムを展開しましょう。

Waveshare社のWikiページからダウンロードしたデモプログラム一式のアーカイブを

7za  x  2.13inch_e-Paper_HAT-code.7z

で展開します。

2.13inch_e-Paper_HAT-codeというディレクトリが出来ており、その中にRaspberryPiというディレクトリがありますので、ここまでcd します。

cd  2.13inch_e-Paper_HAT-code/RaspberryPi/

Raspberry Piには、GPIOを動かすための手段が色々提供されており、このディレクトリ下にあるのは、代表的な3つの手段をそれぞれ使ってe-paperを制御するプログラムです。

bcm2835というCライブラリを使いたい場合はbcm2835というディレクトリにcdし、makeを実行して、作成されたmainというバイナリを実行します。

wiringpiを使いたい場合には、wiringpiというディレクトにcdして同様にmakeする、といった感じです。

ここでは、pythonを使いたいので、pythonというディレクトリにcdします。

cd python

この下には、電子ペーパーをpythonで操作するための関数群が定義されたモジュールEPD_driver.pyと、デモプログラム本体main.pyが格納されています。

python main.py

でデモプログラムが動きます。

デモは、時刻表示の画面になると、ひと通り終わりです。

 

(5) 応用

デモをひと通り見終わった後、ctrl-Cで止めて、main.pyの中味をのぞいてみましょう。

何となく、やっていることと使っている関数の対応が分かると思います。

 

使えそうな関数は、

egrep “def Dis” EPD_driver.py

で拾い出せる次の関数

def Dis_Clear_full(self):
def Dis_Clear_part(self):
def Dis_full_pic(self,DisBuffer):
def Dis_part_pic(self,xStart,xEnd,yStart,yEnd,DisBuffer):
def Dis_Char(self,acsii,size,mode,next):
def Dis_String(self,x,y,pString,Size):
def Dis_Drawing(self,xStart,yStart,DisBuffer,xSize,ySize):
def Dis_Progress(self,progress_len):
def Dis_showtime(self,hour,minute,sec):

の辺りのようです。

 

みなさん、お楽しみください!

 

 

 

 

 

 

 

Raspberry Pi用タッチディスプレイ OSイメージダウンロード & セットアップ方法

WaveShare社製Raspberry Pi用 LCDディスプレイ(3.2インチ/3.5インチ/4インチ)セットアップ手順

2017/9/18更新
TechShare株式会社

注1)こちらはタッチディスプレイの画像表示に関するパートです。
画面の回転、およびタッチ操作部分の回転に関しては、別途こちらのドキュメントをご確認ください。

https://www.waveshare.com/wiki/5inch_HDMI_LCD_(H)

用意するもの

・Windows PC (マイクロSDカードが読み書きできるもの、ディスクに20Gbyte程度の空き容量が必要)
・マイクロSDカード(8Gbyte~64Gbyte、Class10)
・Raspberry Pi、電源、キーボード、マウス

 

使用するOSイメージファイルについて

<専用OSを使用する場合>

3.2インチディスプレイ(HDMIなし)の場合: Raspbian-2017-07-05-TFT32.7z を使用してください
3.5インチディスプレイ(HDMIなし)の場合: Raspbian-2017-07-05-TFT35.7z を使用してください
4インチディスプレイ(A)の場合: Raspbian-2017-07-05-TFT40.7z を使用してください

<通常のOSを使用する場合>
3.5インチ(480×320,IPSタイプ)、4インチ(800×480,IPSタイプ)、5インチ(B)、
5インチ(H)、7インチ(B)、7インチ(C)ディスプレイの場合: 通常のRaspbianOSイメージを使用して手順に従って書き込んでください。その際、書き込み手順の(2-1)も実施ください。

7インチディスプレイの他デバイスでのご使用はこちらを参照ください。

 

書き込み手順

OSイメージファイルは圧縮されています。
圧縮解凍ツールを使って解凍後、得られたイメージファイルを専用ツールでマイクロSDカードに
書き込んでください。
書き込んだ直後は、マイクロSDカードの4Gbyte分のみ使用する設定になっています。
全容量を使用する設定に変更するには、下記の(6)以降の操作を行ってください。

 

(1) 7zipを使い、圧縮されているOSイメージファイルを解凍する。
http://www.7-zip.org/

 

(2) 解凍したOSイメージファイルを Win32DiskImagerを使ってマイクロSDカードに書き込む。
https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/latest/download

 

(2-1)お使いのモニタが3.5inch(480×320,IPS)、4inch(800×480,IPS)、5inch(B)、5inch(H)、7inch(B)、7inch(C)の場合

OSイメージを書き込んだSDカードを、Windows PCから一旦抜き、挿し直して、リムーバブルディスクとして認識させます。

リムーバブルディスクを開き、その中のconfig.txtをテキストエディターで編集します。

テキストの最後の行に次の5行を追加してください。

(注意) これら5行はこのままの文字を追加して下さい。誤って文字と文字との間にスペースを入れると認識されません。

[3.5inch(480×320,IPS)の場合]

この場合のみ、入力するのは4行です

max_usb_current=1
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_cvt 800 480 60 6 0 0 0

[4inch(800×480,IPS)の場合]

hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_cvt 480 800 60 6 0 0 0
dtoverlay=ads7846,cs=1,penirq=25,penirq_pull=2,speed=50000,keep_vref_on=0,swapxy=0,pmax=255,xohms=150,xmin=200,xmax=3900,ymin=200,ymax=3900
display_rotate=3

[5inch(B) もしくは5inch(H)もしくは 7inch(B) の場合]

max_usb_current=1
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_cvt 800 480 60 6 0 0 0
hdmi_drive=1

[7inch (C) の場合]

max_usb_current=1
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_cvt 1024 600 60 6 0 0 0
hdmi_drive=1

編集がうまくいかない場合など、こちらのconfig.txtをダウンロードし、microSDカード上で置き換えてお使いください。

         config.txt

 

(3) Raspberry Piの準備
購入したLCDを取り付ける
キーボード、マウスを取り付ける
書き込んだSDカードをスロットに入れる

 

(4) Raspberry PiのマイクロUSBコネクタにACアダプタを接続し、電源を供給する。

 

(5) GUIが立ち上がったら、Terminalを起動する。

 

(6) コマンドラインにて、sudo raspi-config を実行する。

 

(7) 起動したメニューで、
7.Advanced Options を選択し、
A1 Expand Filesystem を実行する

 

(8) ESCを何回か押し、raspi-configを抜ける。

 

(9) リブートする。

 

注意事項

ドライバーインストール後にOSアップデートを実行すると、ドライバーが無効になり表示できなくなることがあります。

ドライバーはOSのバージョンに強く依存するため、OSアップデートは実施しないでください。

OSをアップデートしたい場合には、下記のメーカーサイトに、対応するドライバーが公開されているのを確認し取得の上、実施してください。

その際、LCDは表示できなくなりますので、ネットワーク経由でssh接続できるルートを確保の上、実行してください。

最悪の場合に備えて、SDカードを事前にバックアップしておくことをお勧めします。

Win32DiskImagerでSDカードをまるごとイメージファイルとして保存できます。

 

OSインストール済みのため、ドライバーのみインストールしたい場合

ドライバーは、OSのバージョンに強く依存するため、OSのバージョンにあったドライバーをインストールする必要があります。

下記のメーカーサイトにドライバーが公開されていますが、通常、最新のOSもしくは1つ前のOS (最新のOSが出たばかりで追従できていない場合)に対応したものとなります。古いバージョンのものは公開されておりませんのでご了承ください。

3.2インチディスプレイ: http://www.waveshare.com/wiki/3.2inch_RPi_LCD_(B)
3.5インチディスプレイ: http://www.waveshare.com/wiki/3.5inch_RPi_LCD_(A)
4インチディスプレイ: http://www.waveshare.com/wiki/4inch_RPi_LCD_(A)
5インチ(B)ディスプレイ:http://www.waveshare.com/wiki/5inch_HDMI_LCD_(B)
5インチディスプレイ(GPIO接続端子付きのもの):http://www.waveshare.com/wiki/5inch_HDMI_LCD

 

インストール方法は、すべて共通しています。

※インストール前にSDカードのバックアップを取っておくことをお勧めいたします。Win32DiskImagerでSDカードをまるごとイメージファイルとして保存できます。

※ドライバーインストール後、表示がうまくいかなかった場合に備えてネットワーク経由でssh接続できるルートを確保しておいてください。

 

ドライバーのインストール方法

以下の内容はTerminalを起動し、実行してください。

例えば、Download フォルダーにファイルを保存した場合、ファイルマネージャーで、Downloadフォルダーを

右クリックし、【ターミナルで開く】を選択します。

(1)アーカイブを展開する。

tar xvf LCD-show-*.tar.gz

 

(2)作成されたLCD-showというディレクトリ内に移動する。

cd LCD-show

 

(3)対象のディスプレイをインストールするバッチファイルを実行する。実行後自動的にリブートが実行されます。

 

3.2インチディスプレイ:

chmod +x LCD32-show
./LCD32-show

 

3.5インチディスプレイ:

chmod +x LCD35-show
./LCD35-show

 

4インチディスプレイ:

chmod +x LCD4-show
./LCD4-show

 

5インチディスプレイ(5インチ(B)ディスプレイは不要):

chmod +x LCD5-show
./LCD5-show

 

(4)もし動作しなかった場合

リブート後、表示がされない場合には、sshでログインし、LCD-showディレクトリ内に移動して、./LCD-hdmiを実行することでHDMI表示に戻すことが出来ます。

万が一、sshでログインできない場合には、HDMIディスプレイとUSBキーボードを接続し、ctrl-alt-delでリブートを実行すると、起動の途中までHDMIディスプレイに表示されます。その後、crtl-alt-F2を押すとHDMIディスプレイからコマンドラインでログインできるようになります。

 

以上

Raspbian OSインストール済みSDカードについて

Raspbian OSプレインストール済みのマイクロSDカードを使っているにも関わらずRaspberry Piが起動しないといった場合、主な原因としては、電源容量不足か、マイクロSDカードのデータが壊れてしまったことが考えられます。

特に、電源が不安定な状況下でRaspberry Piを起動した場合には、起動途中に電源容量が足りずに瞬断状態となる危険性があります。

そのときにマイクロSDに書き込みを行っていれば、OSの起動に必要なファイルまでも消えてしまう可能性がありますのでご注意ください。

瞬断により格納データが失われる問題は、一般に売られている民生品向けのマイクロSDカードでは通常発生しうる問題です。

OS起動後にシャットダウン操作せずに電源を切った場合なども同様の危険性があります。

もし、OSの起動に必要なファイルが消えてしまった場合には、OSを再インストールするしか復旧方法はありません。

このような問題を防ぐには、十分な容量の電源を使い、電源を落とす前にきちんとシャットダウン操作を実施することが重要です。

もし万が一瞬断が発生してしまったとき、その影響を最小限にしたい場合には、瞬断対策のなされている産業用のマイクロSDカードを導入することもご検討ください。