Tinker Boardにssh接続できません

まず、Tinker BoardのGUI画面から、LXTerminalやXTermなどを起動し、コマンドラインでifconfigコマンドにて割り当てられているIPアドレスを確認してください。


Tinker Boardの技適認証について

Tinker BoardにはWifiとBluetoothの機能を持つモジュールが実装されています。 現在実装されているのは、AW-NB177NFというモジュールで、表面には、下記の認証番号が記載されています。


Waveshareの2.13inch電子ペーパーHAT(e-paper HAT)のデモ立ち上げ方法

Waveshare社の2.13inch電子ペーパーHATは、お手ごろな値段で電子ペーパーが楽しめるHATです。 電子ペーパーは、電源を切っても表示を保持するデバイスです。 ラズパイでちょっとしたメモを表示させ、シャットダウンしてから外して持ち歩く、なんて使い方もできそうです。 (キーホルダーケースとかあるといいですね) Waveshare社の2.13inch電子ペーパーHATは […]


ドローイング&ライティングの特徴は?

ジェルペン、インクブラシ、万年筆などのペンを使うことが可能で、最新のソフトウェア環境では、PLT,BMP,SVG,DXFなどをサポートし、位置精度の再現性は±0.2mmです。  


Teach & Playbackとは何ですか?

Teach & Playbackとは、ロボットアームの位置を記憶させ(複数の位置を記憶させることが可能)、これを再生させることです。 Teachとは、Dobot Magicianの現在のXYZ座標をレコードし、レコードした一点一点をたどるシーケンスを形成します。 Playbackとは、ユーザによってデザインされた動作の再現のことを示します。  


Dobot Magicianのパッケージには何が含まれますか?

ベーシックバージョンのパッケージには、ロボットアーム、吸引カップ、グリッパ、ドローイング&ライティング、3Dプリンティングが含まれます。 さらに教育バージョンでは、レーザーキット(レーザ彫刻&グレー彫刻)、WIFIモジュール、スティックコントローラキット、Bluetoothモジュールが含まれます。  


Dobot Magicianのエンドエフェクタにはどんなものがありますか?

Dobot Magicianのエンドエフェクタには、吸引カップ、ペンホルダ、レーザ、グリッパ、3Dプリンティングが用意されています。 エンドエフェクタの取り替えることで、吸引、ドローイング&ライティング、レーザ彫刻、グレー彫刻、ピックアップ、3Dプリンティングの機能を利用できます。  


Multi-Dobot Cooperationとは何ですか?

WIFIや外部ボードを通して複数のDobotを制御することが出来ます。 これにより、制御装置の簡素化のみならず操作性や校正作業の効率を向上できます。  


Raspberry Piの温度を知る方法

コマンドラインにて vcgencmd measure_temp を実行すると温度が表示されます。 定期的に表示させたい場合には、watchコマンドを用いると便利です。 watch vcgencmd measure_temp とすると2秒おきに表示されます。  


Raspberry Pi用タッチディスプレイ OSイメージダウンロード

WaveShare社製Raspberry Pi用 LCDディスプレイ(3.2インチ/3.5インチ/4インチ)セットアップ手順 2017/8/13 TechShare株式会社   用意するもの ・Windows PC (マイクロSDカードが読み書きできるもの、ディスクに20Gbyte程度の空き容量が必要) ・マイクロSDカード(8Gbyte~64Gbyte、Class1 […]


Raspbian OSインストール済みSDカードについて

Raspbian OSプレインストール済みのマイクロSDカードを使っているにも関わらずRaspberry Piが起動しないといった場合、主な原因としては、電源容量不足か、マイクロSDカードのデータが壊れてしまったことが考えられます。 特に、電源が不安定な状況下でRaspberry Piを起動した場合には、起動途中に電源容量が足りずに瞬断状態となる危険性があります。 そのときにマ […]


Arduinoのブートローダの修復方法

ArduinoがPCに認識されない!
Arduino LeonardoをUSBケーブルでPCにつなげたとき、COMポートとして認識された後、すぐに「不明なデバイス」となってしまう場合には、次の可能性が考えられます。
(1) ハードウェア的な問題が発生している[…]


1.Raspberry Pi 2B/3B 準備

内容に一部古い情報が含まれております。近日更新予定です。 1.Raspberry Pi 2B/3B 準備 ここでは、Raspberry Piを起動する準備を説明します。     Raspberry Pi Pi2B/Pi3Bを動かすためには、「1.1デスクトップ構成」、「1.2リモートログイン構成」の2種類の接続方法があります。 まずは、動かす環境を選んで準備 […]


2.Raspbbery Pi B+ を動かしてみよう!

内容に一部古い情報が含まれております。近日更新予定です。 Raspberry Pi B+ を動かしてみよう!  この章では、Raspberry Pi B+の基本的な動かし方を学びます。 概略は以下の通りです。 電源のオン/オフ Raspberry Pi 基本設定 設定内容: ―メモリ-拡張 *マイクロSDのRaspbianで使うファイルの大きさを最大にします。 -SPIモジュー […]


2.2Raspberry Pi 基本設定

内容に一部古い情報が含まれております。近日更新予定です。 Raspberry Pi 基本設定  Raspberry Pi B+を動かして、フィジカルコンピューティングを始める前に、Raspbianに必要最小限の設定をします。 (1)準備 ①raspi-configの起動 下の画面の様に「sudo raspi-config」コマンドを入れます。 ②メニュー画面の表示 下の画面の様 […]


3.Raspberry Pi B+ でフィジカルコンピューティング

内容に一部古い情報が含まれております。近日更新予定です。 (4)設定の終了 ①選択 「tab」キーを「Enable Boot Desktop/Scratch」が選択されるまで、繰り返して押してください。 選択されたらenter」キーを押して下さい。 ②表示 「Chose boot option」メニューが表示されます。   ③選択 「tab」キーを「DesktopLo […]


3.1Raspberry Pi B+ 電子工作

3.1Raspberry Pi B+ 電子工作 これから、フィジカルコンピューティングを始めます。 最初は、ブレッドボードを使って動かす回路をつくる電子工作です。 次は、Pythonの対話型モード(インタラクティブモード)を使って、Pythonの命令を1行ずつ動かて、LEDを点けたり、消したりします。 また、点いたり、消したりすることで、LEDの回路が正しく動くことも確かめます […]


3.2 Raspberry Pi B+ インタラクティブモードでLチカ

3.2 Raspberry Pi B+ インタラクティブモードでLチカ これから、Python(プログラム)でLチカをしてみます。最初はPythonの対話型モード(インタラクティブモード)で、 1行ごとにプログラムを入れてLEDを点けます。次に消します。 (1) Lチカの回路を作ろう ① 組立 下の配線図、回路図をみて、回路を組立て下さい。 (2) Pythonを動かそう ① […]


3.3 Raspberry Pi B+ Lチカプログラムを作ろう!

 3.3 Raspberry Pi B+ Lチカプログラムを作ろう! これから、対話型モード(インタラクティブモード)で、作ったプログラムを「nano」エディターを使ってプログラムを作り、 Lチカをします。 回路は3.2と同じです。 (1) Lピカのプログラムを作ろう ① 電源を入れます。 Raspberry Pi B+にACアダプタを繋ぎ、電源を入れます。 ② ログインします […]


3.4 Raspberry Pi B+ スイッチでLEDをON/OFF

3.4 Lチカを部品にしよう (1) Lチカを部品(関数)にします。部品は初期化、LEDのオン、LEDのオフの3種類です。 LEDの初期化、LEDのオン、LEDのオフを部品(関数)にします。 *Pythonの新しい命令を使います。 *def *書き方 def 関数名(): インデント命令 インデント命令 インデントスペース ① 「nano」エディター立ち上げます。 「nano […]


3.5 Lチカをモジュール(部品のセット)にしよう

 3.5 Lチカをモジュール(部品のセット)にしよう Lチカを部品(関数)にします。部品は初期化、LEDのオン、LEDのオフの3種類です。この部品を他のプログラムで取り込んで使えるようにします。 回路は3.2と同じです。 (1) Lチカノの部品をモジュール(部品のセット)にしよう 作ったモジュールを使ってみよう。自分で作った、モジュールを「import」して使うことで、自分で作 […]


3.6 スィッチでLEDをオン/オフしよう

3.6 スィッチでLEDをオン/オフしよう スィッチのレベルを読み込んで、LEDを点けたり、消したりします。 (1) スィッチの回路を作ろう ①組立 下の配線図、回路図をみて、回路を組立て下さい。 (2)スィッチのレベルでLEDをオン、オフ」する」プログラムを作ろう SW1のレベルを読み込みます。レベルの”LOW”、”HIGH”で […]


4.Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(デジタル/PWM)

 4.Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(デジタル/PWM) これから、デジタルのPWMを使います。PWMで圧電スピーカを動かして、ブザー音、ドレミファ等の音を出すことができます。 また、PWMでRCサーボモータを動かして、回る角度をコントロールすることもできます。 今回は、行いませんがPWMとHブリッジ回路を組み合わせてDCモータの回転スピード、回転 […]


4.1PWMでブザーを鳴らそう

PWMを使って圧電スピーカでをブザー音を出します。
PWMは周波数を変えることが出来ますので、ドレミ等の音を出すことも出来ます。


4.2 Raspberry Pi B+ 温度を測ろう!

   4.2 PWMでサーボ-モータを回して見よう (1) サーボ-モータの回路を作ろう PWMを使ってサーボモータを回します。サーボモータの回る角度はPWM信号のパルス幅で変わります。 (2) 回路を作ろう ①組立 下の配線図、回路図をみて、回路を組立て下さい。 (2) 部品を作ろう サーボモータ(SG-90)は、 動作パルス:20ms–>周波数50Hz […]


5  Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(アナログ)

 5 Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(アナログ) これから、アナログのADCを使います。ADCを使って電圧を測ります。 また、CDSと組み合わせて明るさを測ることもできます。 温度測定IC(MCP9700)と組み合わせて部屋の温度を測ることも出来ます。 (1) 「SPI」パッケージをインストールする準備 MCP9700はRaspberry Pi B […]


Camera -Raspberry Pi 用カメラモジュール

1.    準備をしよう a.    使用するもの一覧 i.       ハードウェア No. 製品 写真 説明 1 Raspberry Pi 2B/3B   本体です。詳細なスペックはこちら。https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi 2 電源ケーブル(Pi2:2A、Pi3:2.5A推奨)   Raspberry Piに電気を供給しま […]


TFTモニター for Raspberry Pi 取扱説明書

  1.    準備をしよう a.    使用するもの一覧 i.       ハードウェア No. 製品 写真 説明 1 Raspberry Pi2(B)or3 本体です。詳細なスペックはこちら。https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi 2 電源ケーブル(Pi2:2A、Pi3:2.5A推奨) Raspberry Piに電気を供給します […]


MATLABへのArduino環境の導入に関して=Arduino と MATLAB で制御系設計をはじめよう!=

MATLABへのArduino環境の導入に関して MATLAB/SimulinkからArduinoを簡単に操作するための環境がMATHWORKS社 より提供されている。 TechShare出版書籍『Arduino と MATLAB で制御系設計をはじめよう!』にて説明されているMATLAB /Simulinkへの環境の設定方法は書籍初版時の情報を元にArudinoIOの導入とし […]

70726f647563742f32303136303531395f3130383638612e6a7067003430300000660023666666666666

Zumo32U4 ジャンプスタートガイド

Zumo32U4 ジャンプスタートガイド   目次 Zumo開発元ユーザーガイド(英語版). 2 Arduino IDEをダウンロード.. 2 Arduino Librariesダウンロードリンク(説明付). 3 ライブラリファイルをArduino Librariesに加える… 3 インストール済みライブラリのサンプルにアクセスする… 4 Zu […]


Zumo v1.2 ジャンプスタートガイド

Zumo v1.2 ジャンプスタートガイド 目次 Zumo開発元ユーザーガイド(英語版). 2 Arduino IDEをダウンロード.. 2 Arduino Librariesダウンロードリンク(説明付). 3 ライブラリファイルをArduino Librariesに加える… 3 インストール済みライブラリのサンプルにアクセスする… 5 ダウンロードと起 […]


Zumo with PixyCam ジャンプスタートガイド

Zumo with PixyCam ジャンプスタートガイド 目次 Zumo開発元ユーザーガイド(英語版). 2 Arduino IDEをダウンロード.. 2 Arduino Librariesダウンロードリンク(説明付). 3 ライブラリファイルをArduino Librariesに加える… 3 インストール済みライブラリのサンプルにアクセスする… 4 […]


テレビ(他ディスプレイ関連)にRPi繋げたけど映らない!

Raspberry Piとの相性次第では映りません。他変換アダプタを利用されている場合も多くは映らないようです。OSをご自身でカスタマイズなさるか、またはすでにカスタマイズ済みのOSをご用意できる弊社ディスプレイをご利用下さい。   キーワード Raspbery Pi TFT モニタ ディスプレイ 最終更新日 2016/8/25  

1

HDMI-SYS-SHOWのコマンドが作動しない

コマンドが変更されました。詳しくは解説書をご覧下さい。各モニタサイズに合わせたゴマンドを載せています。 キーワード TFT モニタ ディスプレイ 最終更新日 2016/8/25

1

解説書はどこにあるの?

ダウンロードページから各TFT用の個別ページに移動できます。そこに解説書のみの個別ダウンロードリンクがあります。   キーワード TFT モニタ ディスプレイ 最終更新日 2016/8/25

gigaplus.makeshop.jp.techshare.shopimages.1_000000001001

DVDのimageファイルを使っても動かない

imageファイルが古い可能性があります。 ダウンロードページに最新のRaspbianOSがアップロードされていますのでダウンロードしてご利用下さい。ネットワーク環境上ダウンロードが難しい場合最新のDVDを送付させていただきますので購入場所、日時、注文番号を必ず明記の上お問い合わせください。     キーワード TFT モニター ディスプレイ 最終更新日 2 […]

gigaplus.makeshop.jp.techshare.shopimages.1_000000001001

タッチスクリーンドライバーが作動しない

各モニタに対応したRapbianOSをご利用下さい。 5inch以上であれば同梱のDVD内のimageファイルをSDカードにWin32DiskImagerを使って書き込んでください。もしそれでも動かないようでしたらimageファイルが古い可能性があります。ダウンロードページに最新のRaspbianOSがアップロードされていますのでダウンロードしてご利用下さい。ネットワーク環境上 […]

7inch-HDMI-LCD-B-4

win32diskimagerがmSDを認識しない!

イメージファイルがzipファイルに圧縮されていませんか?もしファイルがzipの場合は解凍してください。   キーワード mSD 最終更新日 2016/8/25

Exif_JPEG_PICTURE

電源が入らない

五個の確認が必要です。

① 電源ケーブルが5V2.5A製品であるか
② mSDカードは入っているか
③ OSは正しい手順でインストールされているか
④ mSDとRPiの相性は問題ないか
⑤ 出力機材があるならそれにチューニングされているか

Exif_JPEG_PICTURE