Arduinoのブートローダの修復方法

ArduinoがPCに認識されない!
Arduino LeonardoをUSBケーブルでPCにつなげたとき、COMポートとして認識された後、すぐに「不明なデバイス」となってしまう場合には、次の可能性が考えられます。
(1) ハードウェア的な問題が発生している[…]


1.Raspberry Pi 2B/3B 準備

1.Raspberry Pi 2B/3B 準備 ここでは、Raspberry Piを起動する準備を説明します。     Raspberry Pi Pi2B/Pi3Bを動かすためには、「1.1デスクトップ構成」、「1.2リモートログイン構成」の2種類の接続方法があります。 まずは、動かす環境を選んで準備して下さい。   2.デスクトップ構成 【準備す […]


2.Raspbbery Pi B+ を動かしてみよう!

Raspbbery Pi B+ を動かしてみよう!  この章では、Raspberry Pi B+の基本的な動かし方を学びます。 概略は以下の通りです。 電源のオン/オフ Raspberry Pi 基本設定 設定内容: ―メモリ-拡張 *マイクロSDのRaspbianで使うファイルの大きさを最大にします。 -SPIモジュールの自動ロード *ADC(MCP9700)を動かすSPIの […]


2.2Raspberry Pi 基本設定

Raspberry Pi 基本設定  Raspberry Pi B+を動かして、フィジカルコンピューティングを始める前に、Raspbianに必要最小限の設定をします。 (1)準備 ①raspi-configの起動 下の画面の様に「sudo raspi-config」コマンドを入れます。 ②メニュー画面の表示 下の画面の様に「メニュー」が表示されます。 (2)ファイルの拡張 マイ […]


3.Raspberry Pi B+ でフィジカルコンピューティング

(4)設定の終了 ①選択 「tab」キーを「Enable Boot Desktop/Scratch」が選択されるまで、繰り返して押してください。 選択されたらenter」キーを押して下さい。 ②表示 「Chose boot option」メニューが表示されます。   ③選択 「tab」キーを「DesktopLoginasuser’pi’atth […]


3.1Raspberry Pi B+ 電子工作

3.1Raspberry Pi B+ 電子工作 これから、フィジカルコンピューティングを始めます。 最初は、ブレッドボードを使って動かす回路をつくる電子工作です。 次は、Pythonの対話型モード(インタラクティブモード)を使って、Pythonの命令を1行ずつ動かて、LEDを点けたり、消したりします。 また、点いたり、消したりすることで、LEDの回路が正しく動くことも確かめます […]


3.2 Raspberry Pi B+ インタラクティブモードでLチカ

3.2 Raspberry Pi B+ インタラクティブモードでLチカ これから、Python(プログラム)でLチカをしてみます。最初はPythonの対話型モード(インタラクティブモード)で、 1行ごとにプログラムを入れてLEDを点けます。次に消します。 (1) Lチカの回路を作ろう ① 組立 下の配線図、回路図をみて、回路を組立て下さい。 (2) Pythonを動かそう ① […]


3.3 Raspberry Pi B+ Lチカプログラムを作ろう!

 3.3 Raspberry Pi B+ Lチカプログラムを作ろう! これから、対話型モード(インタラクティブモード)で、作ったプログラムを「nano」エディターを使ってプログラムを作り、 Lチカをします。 回路は3.2と同じです。 (1) Lピカのプログラムを作ろう ① 電源を入れます。 Raspberry Pi B+にACアダプタを繋ぎ、電源を入れます。 ② ログインします […]


3.4 Raspberry Pi B+ スイッチでLEDをON/OFF

3.4 Lチカを部品にしよう (1) Lチカを部品(関数)にします。部品は初期化、LEDのオン、LEDのオフの3種類です。 LEDの初期化、LEDのオン、LEDのオフを部品(関数)にします。 *Pythonの新しい命令を使います。 *def *書き方 def 関数名(): インデント命令 インデント命令 インデントスペース ① 「nano」エディター立ち上げます。 「nano […]


3.5 Lチカをモジュール(部品のセット)にしよう

 3.5 Lチカをモジュール(部品のセット)にしよう Lチカを部品(関数)にします。部品は初期化、LEDのオン、LEDのオフの3種類です。この部品を他のプログラムで取り込んで使えるようにします。 回路は3.2と同じです。 (1) Lチカノの部品をモジュール(部品のセット)にしよう 作ったモジュールを使ってみよう。自分で作った、モジュールを「import」して使うことで、自分で作 […]


3.6 スィッチでLEDをオン/オフしよう

3.6 スィッチでLEDをオン/オフしよう スィッチのレベルを読み込んで、LEDを点けたり、消したりします。 (1) スィッチの回路を作ろう ①組立 下の配線図、回路図をみて、回路を組立て下さい。 (2)スィッチのレベルでLEDをオン、オフ」する」プログラムを作ろう SW1のレベルを読み込みます。レベルの”LOW”、”HIGH”で […]


4.Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(デジタル/PWM)

 4.Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(デジタル/PWM) これから、デジタルのPWMを使います。PWMで圧電スピーカを動かして、ブザー音、ドレミファ等の音を出すことができます。 また、PWMでRCサーボモータを動かして、回る角度をコントロールすることもできます。 今回は、行いませんがPWMとHブリッジ回路を組み合わせてDCモータの回転スピード、回転 […]


4.1PWMでブザーを鳴らそう

PWMを使って圧電スピーカでをブザー音を出します。
PWMは周波数を変えることが出来ますので、ドレミ等の音を出すことも出来ます。


4.2 Raspberry Pi B+ 温度を測ろう!

   4.2 PWMでサーボ-モータを回して見よう (1) サーボ-モータの回路を作ろう PWMを使ってサーボモータを回します。サーボモータの回る角度はPWM信号のパルス幅で変わります。 (2) 回路を作ろう ①組立 下の配線図、回路図をみて、回路を組立て下さい。 (2) 部品を作ろう サーボモータ(SG-90)は、 動作パルス:20ms–>周波数50Hz […]


5  Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(アナログ)

 5 Raspberry Pi B+でフィジカルコンピューティング(アナログ) これから、アナログのADCを使います。ADCを使って電圧を測ります。 また、CDSと組み合わせて明るさを測ることもできます。 温度測定IC(MCP9700)と組み合わせて部屋の温度を測ることも出来ます。 (1) 「SPI」パッケージをインストールする準備 MCP9700はRaspberry Pi B […]


Camera -Raspberry Pi 用カメラモジュール

1.    準備をしよう a.    使用するもの一覧 i.       ハードウェア No. 製品 写真 説明 1 Raspberry Pi 2B/3B   本体です。詳細なスペックはこちら。https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi 2 電源ケーブル(Pi2:2A、Pi3:2.5A推奨)   Raspberry Piに電気を供給しま […]


TFTモニター for Raspberry Pi 取扱説明書

  1.    準備をしよう a.    使用するもの一覧 i.       ハードウェア No. 製品 写真 説明 1 Raspberry Pi2(B)or3 本体です。詳細なスペックはこちら。https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi 2 電源ケーブル(Pi2:2A、Pi3:2.5A推奨) Raspberry Piに電気を供給します […]


Zumo32U4 ジャンプスタートガイド

Zumo32U4 ジャンプスタートガイド   目次 Zumo開発元ユーザーガイド(英語版). 2 Arduino IDEをダウンロード.. 2 Arduino Librariesダウンロードリンク(説明付). 3 ライブラリファイルをArduino Librariesに加える… 3 インストール済みライブラリのサンプルにアクセスする… 4 Zu […]


Zumo v1.2 ジャンプスタートガイド

Zumo v1.2 ジャンプスタートガイド 目次 Zumo開発元ユーザーガイド(英語版). 2 Arduino IDEをダウンロード.. 2 Arduino Librariesダウンロードリンク(説明付). 3 ライブラリファイルをArduino Librariesに加える… 3 インストール済みライブラリのサンプルにアクセスする… 5 ダウンロードと起 […]